伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス

このキャビンはA45という名前のタイニーハウスです。Bjarke Ingelsによって設計されたモダンなAフレーム構造で、16.7225平方メートルの広さがあります。

A45は、ニューヨーク州北部州で建設された最初のプロトタイプであり、将来の住宅所有者がどこでも好きな場所に4-6ヶ月で建てる事が可能で、それぞれの目的によってカスタマイズも可能です。

以下を楽しみ、もっと学び、シェアしてください。ありがとう!

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス2伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス3

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス4

伝統的なAフレームキャビンを進化させたデザインです。

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス5

構造の質を最大限にするために、A45は正方形のベースで、屋根を4メートルの高さに上げることにより、より広い床面積が実現出来ました。

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス6

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス7

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス8

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス9

伝統的なAフレームキャビンを進化させた先鋭的なタイニーハウス10

Photos by Matthew Carbone
http://www.liveklein.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語意外は投稿出来ません。