中古住宅

タグ:中古住宅

1: モダンノマド 2017/03/06(月)22:00:26 ID:oRP
バックレたいンゴ……
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/02(土) 15:36:07.85 ID:Dsl2ddTl.ne
日本は人口が減少し始めています。しかし、新築住宅は100万戸ペースで建てられているそうです。すでに空き家が800万戸以上あるにも関わらずです。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: Ψ 2015/08/25(火) 12:35:37.93 ID:jSVWqJ000.net
定年退職するような年齢でリフォームとか立て直しとかバカじゃないの?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: シャルトリュー(神奈川県) 2013/02/08 21:26:55 ID:TGwJfktn0
都会育ちのサラリーマンがログハウスを建てるまで

 九州は熊本県の御所に立つ、木の香りも清々しい立派なログハウス。これを総工費200万円で、都会出身の元サラリーマンが、ほぼ1人で建てたというから驚きだ。

「もともとは製薬会社の研究員をしていました。しかし仕事より上手な立ち回りが評価される職場に疑問を持ち、39歳で退職。 その後、土地を切り拓き、材木を自分で切り出すところから始めて、この家を建てたんです」

 そう語るのは、親子3人で素敵な“夢の丸太小屋”に暮らす沼田文男さん。しかし大工仕事も未経験だったというのに、どうしてログハウス造りに至ったのだろう?

「昔、同僚とした雑談が、きっかけになるんですかねえ。『大人が純粋に努力して、達成するとしたら何かな』と言ったら、『ログハウスを自分で建てるのはどう?』と返されたのが、頭に残っていたみたいです(笑)」

 軽く話す沼田さんだが、退職後はログハウス・スクールに通ってノウハウを身に付け、日本中を旅して検討した後、1700坪ある現在の土地をわずか270万円で購入。
まずは整地に1年かけ、その後完成までに6年の月日をかけたという気合の入りようだ。

「無収入が続きましたが、生活費は研究員時代の激務で貯まったお金で賄えました。コツコツやるのが性に合っていたので、作業自体のツラさはなかったですね」

 当初は独身ゆえ1人暮らしの予定だったが、ログハウス造りの過程で知り合った妻と子供が増え、3人になっていた。そして現在は建築の過程で得た技術とノウハウをもとに、木工品を作る仕事で生計を立てている。

「研究員時代に比べ収入は4分の1程度ですが、生活費が月10万円程度なので不自由はありません。水と空気はキレイだし、月も星も驚くほどまぶしいし、都会暮らしよりもずっと楽しいですね。もちろん、8歳年下の妻、結婚2年目で生まれて今は9歳になった娘の存在も、満足度が高い理由です」

no title

http://nikkan-spa.jp/355654
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ