ブラック企業

タグ:ブラック企業

1: モダンノマド 2017/03/10(金) 12:39:52.58 ID:CAP_USER
サンフランシスコのベイエリアで暮らしていると、年収が1000万円を超えても貧乏と感じてしまうようだ。Twitterの従業員が、匿名を条件にThe Guardianの取材に応じた。40代前半、サンフランシスコ在住のこの男性は、年収16万ドル(約1800万円)。だが、かろうじて暮らしていけるレベルだと語った。翌月まで「食いつなぐ」ために借金をしたこともある。「ソフトウェア・エンジニアになったのに、家計に苦労することになるとは」。そう語る男性は、このエリアで家族と暮らしていくためには自分の収入は「かなり低い」と考えている。家計のもっとも大きな支出は家賃。毎月3000ドル(約34万円)かかる。妻と2人の子ども。場所を考えるとこの家賃でも「ものすごく安い」と彼は言う。サンフランシスコのベイエリアは、アメリカでもっとも人気が高いエリア。不動産サイト「Trulia」によると、家賃は平均月4200ドル(約48万円)。Google、Uber、Airbnb、Twitterなどに勤める中堅以上のエンジニアは、給料の40%?50%を勤務先の近くに住居を借りるために使っているという研究結果もある。サンフランシスコの人口のおよそ30%を占めるミレニアル世代が家賃を高騰させている。節約のために大勢のルームメイトと一緒に暮らしている者も多く、住宅市場の競争を加速させている。同エリアでフルタイムで働く18歳?34歳の人々の平均収入は、2013年に5万9000ドル(約671万円)だったと米国勢調査局のデータが伝えている。https://www.businessinsider.jp/post-1135 
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/03/05(日) 01:02:58.84 ID:NOVrgSA5
やっぱみんな寄付に関心がないからだよな

寄付して何が変わるのって思っちゃうし、ふるさと納税とか、あれ寄付してるというより安い買い物した感覚だよな。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/25(土) 20:18:07.79 0
何かある?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/19(日) 08:55:59.68 ID:1uawSVJw0
キリンの倍寝てんだろ甘えんな
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/13(月) 18:20:39.61 ID:CAP_USER
◆平等に貧しくなろう 社会学者・東京大名誉教授 上野千鶴子さん

 日本は今、転機だと思います。最大の要因は人口構造の変化です。安倍(晋三)さんは人口一億人規模の維持、希望出生率一・八の実現を言いますが、社会学的にみるとあらゆるエビデンス(証拠)がそれは不可能と告げています。

 人口を維持する方法は二つあります。一つは自然増で、もう一つは社会増。自然増はもう見込めません。泣いてもわめいても子どもは増えません。人口を維持するには社会増しかない、つまり移民の受け入れです。

 日本はこの先どうするのか。移民を入れて活力ある社会をつくる一方、社会的不公正と抑圧と治安悪化に苦しむ国にするのか、難民を含めて外国人に門戸を閉ざし、このままゆっくり衰退していくのか。どちらかを選ぶ分岐点に立たされています。

 移民政策について言うと、私は客観的に無理、主観的にはやめた方がいいと思っています。客観的には、日本は労働開国にかじを切ろうとしたさなかに世界的な排外主義の波にぶつかってしまった。大量の移民の受け入れなど不可能です。

 主観的な観測としては、移民は日本にとってツケが大き過ぎる。トランプ米大統領は「アメリカ・ファースト」と言いましたが、日本は「ニッポン・オンリー」の国。単一民族神話が信じられてきた。日本人は多文化共生に耐えられないでしょう。

 だとしたら、日本は人口減少と衰退を引き受けるべきです。平和に衰退していく社会のモデルになればいい。一億人維持とか、国内総生産(GDP)六百兆円とかの妄想は捨てて、現実に向き合う。ただ、上り坂より下り坂は難しい。どう犠牲者を出さずに軟着陸するか。日本の場合、みんな平等に、緩やかに貧しくなっていけばいい。国民負担率を増やし再分配機能を強化する。つまり社会民主主義的な方向です。ところが、日本には本当の社会民主政党がない。

 日本の希望はNPOなどの「協」セクターにあると思っています。NPOはさまざまな分野で問題解決の事業モデルをつくってきました。私は「制度を動かすのは人」が持論ですが、人材が育ってきています。「国のかたち」を問う憲法改正論議についても、私はあまり心配していない。国会前のデモを通じて立憲主義の理解が広がりました。日本の市民社会はそれだけの厚みを持ってきています。
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=435172&comment_sub_id=0&category_id=562&category_list=562&from=news&genre=special

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/13(月) 10:09:26.71 0
宗教法人「幸福の科学」の活動に専念するため芸能界引退を表明した女優清水富美加(22)は12日、教団を通じて自筆のコメントを発表した。

本人に代わりこの日会見した教団側は、2月末での契約解除意思を通達したことを明らかにし、彼女が仕事を選べなかったことや、給料への不満が同教団への出家につながったと説明した。

幸福の科学側は、専務理事広報担当の里村英一氏(56)と清水の代理人弁護士の佐藤悠人氏(58)が会見した。清水の自筆コメントを配り、出家に至った理由として、仕事を選べなかったこと、給料への不満の2点を主張した。

仕事に関して「人を食べる役(映画「東京喰種」)など、道徳に反する」などと話した。給料については「当初歩合制も、稼ぐようになったら月給制になり、1カ月毎日働いても月給5万のボーナスなし」と主張した。

清水はこうした対応に耐えられず、7、8年ほど前から「死にたい」と漏らすようになったという。これにマネジャーは取り合わなかったと主張した。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1778224.html
    
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/08(水) 07:31:10.41 ID:rWvJNf/r0
タイムカードがない
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/06(月) 19:23:55.48 ID:CAP_USER9
 マツコ・デラックスが、男性保育士による女児の着替え問題やアルバイトの病欠罰金問題、音楽教室からの著作権料徴収問題などが取り沙汰される現状に「もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」と閉塞(へいそく)感を指摘し、根本的な議論が必要だと私見を述べた。

 マツコは6日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」で、男性保育士が女児の着替えを行うことの是非がネット上で議論されていることについて、多くの自治体が待機児童問題を抱えている現状において「全部クレームを入れてたら、そんなに世の中すべての人が100%満足できる形なんてないわけじゃん。心配してるのはわかるんだけど、まずはもっと大きな問題になってるところを解決する上で、男性保育士さんになってもらわないと困るわけだし」と、問題解決の優先順位をはっきりと認識すべきとの考えを示した。

 またアルバイトの女子高生が病欠して代わりを探さなかったことを理由に店側から減給制裁を受けたことが話題となっていることについて、「子どもたちに関わることで1つでも問題点をクリアにしていこうっていうことには異議はない」とした上で、「労働ってそんな簡単なことじゃなくて、ブラックってよく言うけどブラックかホワイトっていう問題でもない。ほぼグレーでみんなやってるわけじゃない? そのうやむやの中でみんながバランスを取りながら労働をしていくっていうのが社会。そこを全部、四角四面に労働基準法というものだけで判断をしてやったときに、はたして社会って成立するのかな」と疑問を投げかけた。

 そしてJASRACの問題に話がおよぶと、「今日はなんか全体的にそんな話になっちゃってるけど、たぶんこういう重箱の隅をつつくようなことだったり、いろいろ文句を言わないと、もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」とため息。「そりゃJASRACだって本音はさ、営利目的でやってる音楽教室といはいえ、子どもたちが音楽を習ってるわけじゃん、そんなところから(お金を)取りたくないと思うのよ。もっと潤沢に昔みたいにCDが売れるとか、そういうんであれば『じゃあカラオケから取ります』とか、CDが200万枚300万枚売れてたら言わないと思うのよ」と推察するとともに、「多分もう無理なんだろうね、いろいろ…」と悲観した。

 社会全体の行き詰まりを指摘するマツコは、これらの問題を解決するためには「やるんだったら徹底してやらなきゃダメだと思う。保育園(の問題)だって『全部言うこと聞きますから、その代わり税金上げますよ』とか。だってお金がないとできないんだから。そこをうやむやにしたまま議論を進めても、結局10年たっても解決なんかしないと思う。だから最終的には、『日本はどういう国としてこれから歩んで行くんですか?』っていうところを議論しないと」と持論を展開した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-01775438-nksports-ent
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2017/02/05(日) 10:14:32.37 ID:356t6WRw0
住友電気工業
設立 1911年
売上 2兆9330億円
利益 1656億円

電線首位。自動車用ワイヤハーネスで世界大手の一角。光ファイバーなど通信インフラも大手
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/12/23(金) 17:55:16.66 ID:CAP_USER
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/23/avex-claims_n_13806948.html

「エイベックス・グループ・ホールディングス」の松浦勝人社長(52)が12月22日、社員に違法な長時間労働をさせていたとして労働基準監督署から9日付で是正勧告を受けたことについて、「そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか」と自身のブログで労働基準法について持論を述べた。

松浦氏は「労働基準法 是正勧告とは」と題して次のように綴った先日労働基準監督署から是正勧告を受けた。このことに対しては現時点の決まりだからもちろん真摯に受け止め対応はしている。でも労働基準監督署は昔の法律のまま、今の働き方を無視する様な取り締まりを行っていると言わざるを得ない。(中略)そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか。(中略)望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の「夢中」から世の中を感動させるものが生まれる。それを否定して欲しくない。

だから時代に合わない労基法なんて早く改正してほしいし、そもそも今のキャンペーンは労基法の是正が遅れているにも関わらず、とりあえず場当たり的にやっつけちまえ的な不公平な是正勧告に見えてならない。
 
(松浦勝人オフィシャルブログ「仕事は仕事で遊びは遊び」Powered by Amebaより 2016/12/22 06:03)

松浦氏はさらに、「労基法の改正は、長時間労働の抑制だけじゃなく、元々議論されているようにその改正が働き方の多様性に対応するものであってほしいと願う」と強調。「戦うべき時は相手が誰であろうと僕らは戦う。それが僕らの業界とこの国の未来のためだと思うからだ」を力を込めた。

エイベックスは、三田労働基準監督署から、実労働時間を管理していない▽長時間残業をさせている ▽残業代を適正に払っていない、と指摘され、9日付で勧告を受けた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/12/01(木) 17:29:57.26 ID:W3wg7Xs50
◆エイジス

厚生労働省が違法な長時間労働を繰り返している企業の指導や公表を実施している中で、全国初の企業名の公表事例。4営業所で月最長197時間の長時間労働があったのが原因。

◆電通

東京大学文学部卒の高橋まつりさん(当時24)が過労死し、Twitter上にその過労の様子が克明に記録されていたため、大きな衝撃が走った事件が原因。

この件をきっかけにして、実は電通では2013年にも当時30歳の男性社員が過労死しており、25年前の1991年にも当時24歳の男性が過労死し労働法の分野では「電通事件」として有名だったことが発覚、 ついに全国から集められた労働局職員ら88人による異例の規模の強制捜査が行われる事態に発展したもの。関連してGIGAZINEが2007年に書いた記事「電通「鬼十則」、そして電通「裏十則」 - GIGAZINE」も大ヒットしました。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。 

◆ドン・キホーテ
従業員に過酷な労働を強いる「ブラック企業」対策として東京と大阪の労働局にできた「過重労働撲滅特別対策班」による書類送検の3例目。労使協定で定めた3ヶ月120時間を42~287時間超える時間外労働をさせたもので、罰金50万円。親会社からは「略式命令を真摯に受け止め、全社を挙げて関係法令の順守を徹底する」とのコメントあり
http://gigazine.net/news/20161201-blacklist2016/
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/11/10(木) 06:14:20.39 ID:CAP_USER9
「2016年11月7日は、日本のマスコミにとって長く語り継がれる日になるかもしれない」

民放キー局のディレクターは、こう語った。
 
この日の午前、東京・汐留には張り詰めた空気が漂っていた。険しい表情をしたスーツ姿の約30人が日本テレビ横の巨大なビルに吸い込まれていくのを、無数のカメラが取り囲んでいる。ビルの最上階には「DENTSU」の文字。日本最大の広告代理店、電通本社ビルに、労働基準法違反の疑いで厚生労働省東京労働局の職員が強制捜査に入った瞬間だった。

これに先立つ10月14日には、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労により自殺に追い込まれた問題を受け、東京労働局が従業員の労働実態を調べるために同社への立ち入り調査を行っていた。

「電通は大手企業からの広告出稿を数多く手がける代理店だけに、これまで大手マスコミは広告売上への悪影響などを考慮し、電通の悪い部分を報じることには及び腰でした。しかし今回、厚労省が強制捜査に踏み切ったことで、ようやくその悪しき習慣が改善されるかもしれません」(同ディレクター)

そうした事情で、大手広告代理店の内情は、これまでなかなか大きく表に出ることがなかった。以下は、新卒である名前の通った広告代理店に入社したものの、あまりの激務に半年で退社を余儀なくされた男性の告白だ。

「私が配属されたのは、取引先との接待も行う営業部署でした。定時を終えると上司とともに酒席に急行していました。その場で求められるのは、とにかく飲んでその場を盛り上げることです。しかし、当然酔って自分を忘れるといったヘマはできないので、常に緊張を強いられました。二次会、三次会、四次会と、何があっても途中で帰ることはできません。帰宅は早くて日付が回った午前3時。遅いときは始発が動いていたと記憶しています。そのまま崩れるように仮眠し、数時間後には定時出社に間に合うよう7時には自宅を出ていました」

●「酒のない国に生まれたい」

営業担当者にとって、顧客への接待は立派な業務ともいえる。それほど連日深夜に及ぶ接待を強いられるのなら、翌日の出勤時間が遅くても許されるようにはなっていなかったのだろうか。

「いちおう、接待で遅くなった日の翌日は午前半休してもよいことにはなっていましたが、そんな制度を使う人間はいなかったし、そんなことをしていたら仕事が回らない。上司の一人が常々、こう言っていました。『今度生まれてくるときは、酒のない国に生まれたい』と」

他社ですらこうなのだから、業界1位の電通にいたっては察するにあまりある。
電通の4代目社長で「広告の鬼」と呼ばれた故・吉田秀雄氏が残した「鬼十則」の一節には、こうある。

「(仕事に)取り組んだら放すな、コロされても放すな、目的完遂までは……」

文字通り、女性社員は仕事に殺された。ベールに包まれていたブラック企業、電通の体質はどこまで明らかにされるのか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161110-00010003-bjournal-soci
Business Journal 11/10(木) 6:01配信
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/11/07(月) 09:33:49.26 0
アケカス逝ったああああああああああああああ
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/09/28(水) 17:45:49.81 ID:7BO8IuMN0 BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
ふぁる @fal_zya
社畜社会ニッポンのVRの使い方
https://twitter.com/fal_zya/status/780626575267991552
no title

no title

no title

no title
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/09/21(水) 13:25:06.59 ID:wXTsE+Ko0
黒すぎやろ
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/09/13(火) 23:06:34.556 ID:vuZRmB6G0
月給は30万円

ほぼ暇な日が多くてずっと机に座ってまとめサイトやら見て時間潰してる
正直暇すぎてツライ。

俺はもっとワタミみたいな活気溢れる24時間死ぬまで労働させるようなところで働きたいんだが?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/09/03(土)20:51:02 ID:Ns2
これってマジなん?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/08/01(月) 14:11:17.80 ID:dU4IWXuJ
おれ氏
縁故中途採用で入社後人事で面接を担当する無能
会社
IT関係のメーカーと言っているが実態は独立系ピカツー紛いの販売会社
毎月10~15名を中途で採用『しなくてはならない』 → ブラックすぎて次々逃げるから
毎月の採用費を150万かけても一月1名定着すれば元が取れる
なので月間100名以上面接をすることもざら
新卒教育に忙しい月間は取らないので実際は5月~2月までが採用枠
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/07/28(木) 01:53:44.63 ID:qBKZFjVi
毎日が楽しい。
就職してから仕事ってこんなに楽しくできるなんて初めて。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/07/10(日) 10:06:31.38 ID:CAP_USER
https://news.careerconnection.jp/?p=25488
有給休暇は企業で働く人の権利ではあるが、残念ながら日本人の有休取得率は極めて低い。もともと周りを気にしたり、罪悪感を抱いたりする国民性もあるだろうが、有休に対する企業側の意識も取得を妨げる大きな要因となっている。

以前、ツイッター上でこんな投稿が話題になったことがあった。

「会社側『休暇は信用を消費して使うもの。それが例え結婚式だろうと葬式だろうと関係ない。1回休むごとに、君は信用を失っている。君が遊びで休暇をとるのも、冠婚葬祭で休暇をとるのも、我々にとっては同義です』って言われたのが今年一番衝撃だった」

「休むと他のみんなも休みたくなるから有給取るな」と言われた人も「休暇は信用を消費して使うもの」という滅茶苦茶な考えがまかり通っているとは恐ろしい。元々の投稿は2014年のものだが、2016年6月下旬、別のユーザーによって再び投稿され、またネットで話題となっている。

残念ながら、こうした企業は意外とあるようで、会社から「ほぼほぼ同じこと言われる」という人は次のように投稿している。「休むと、他のみんなも休みたくなるから、有給取るな、とかね。冠婚葬祭も、どんな親しい間柄であれ、通夜参列で十分。間に合わないなら遅刻していけって。休むやつに信用して仕事与えられないのだって」

従業員は休まず会社のために常に働き続けて入ればいい、という考えなのだろう。これではワークライフバランスも何もあったものではない。ほかにも、「私の身内は、会社の理事から 『有給休暇は従業員の権利ではなく、会社側が与える恩情』だとか言われた事があるそうです…」という投稿もあった。

かつて、似たようなブラック企業に勤めていたという人は、「こういう会社は休み潰してでも働かなきゃ競合他社と戦えない様な無能の集まりだからな」と指摘。「さっさとスキルを身に付けて他の良い会社に転職するんだぞ」と推奨している。

従業員が罪悪感を持たずに休めるようマネージメントするのが本来の会社の務め
現状、日本人の有休取得率は世界最低レベルだ。旅行サイト大手の米エクスペディアの調べ によると、2015年の日本人の有給消化率は60%で、世界26か国中ワースト2位。有休取得に罪悪感を持つ人の割合は18%で日本が1位という結果になっている。休むことに後ろめたさを感じる人が相対的に多く、さらにそこに企業がつけ込むことで、休めない雰囲気が強化されているのだろう。男性の勤務する会社は「休むと信用を失う」と主張するが、有休は働く人の権利であり、罪悪感を抱かなくてすむようマネージメントするのが会社の務めだ。休まれては困るときは、会社は時季変更権を使うことはあるが、労働者の有休申請を会社が一方的に断ることはできない。

前出の調査だと、ブラジルやスペイン、フランスは有休取得率が100%となっているが、それが本来あるべき姿だ。政府は2020年までに有休取得率を70%にまで引き上げることを目指しているが、企業の意識改革を促すとともに、取得率が確実にアップするような強力な制度設計を進めていくべきだろう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ