ネトウヨ

タグ:ネトウヨ

1: モダンノマド 2016/09/11(日) 13:39:58.93 ID:h4W9DCie0
去年、仕事でニューヨークに行った時。
オフィスで紹介されたボスが辛党だった。
彼は何でもうんざりするくらいタバスコをかけるのよ、とか。
だから、日本から持ってきた暴君ハバネロをプレゼントした。
 ニック(仮名)、日本のスナックだ。あげるよ。
 うまそうなパッケージだな。ありがとう。←バリっと開ける。パクッ
 ポテトだな。パクッ ボリボリ ふーん。
 それで、聞きたいことがあるんだが、このプロモーション素材の、ふ
ふ、
フォ━━(━(━(-( ( (゚ロ゚;) ) )-)━)━) ━━ !!!!!
リアルレイザーラモンHGと化すボス。
 
えー何コレ?マジうまくね?いやすげーわ!!バクッバクッバクッ
 どこで売ってるの?日本?アジアンマーケット?ない?知らない?バクッバクッバクッ
 うっわーいいわこれ!バクッバクッバクッ
 おおぉぉ!燃える!燃える!バクッバクッバクッ
 あーダメ!あーダメ!神様!信じられない!バクッバクッバクッ
 (ここらへんでオフィスの人間が異常を察して集まってくる)
 ノー!ノー!絶対あげないよ(誰もくれと言ってない)バクッバクッバクッ
…アハァーーー!

 すばらしい。君の部屋にあるスナックを全部売ってくれないか?
 それは日本で買ったんだから、もうないよ。
( ゜д゜ ) ←本当にこんな顔した
日本に帰ってからもメールでハバネロ頼まれた。箱単位で。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/09/10(土) 13:24:34.48 ID:CAP_USER9
ヤンキー文化を発信する自動車・バイク雑誌『チャンプロード』(笠倉出版社)が休刊することが明らかになり、ネット上で話題となっている。

第一報を報じたのは、ネットニュースサイト「ねとらぼ」。同サイトが『チャンプロード』編集部に取材をしたところ、11月26日発売号をもって休刊することが判明したのだという。休刊に対する詳細は9月26日発売の11月号に掲載されるとのこと。

1987年創刊の『チャンプロード』は、いわゆる“暴走族”に関する情報が掲載される稀有な雑誌。改造自動車や改造バイクに関する情報、実際の暴走族からの投稿写真などが誌面を飾っている。

かつては『ヤングオート』(芸文社)や『ティーンズロード』(ミリオン出版)など、暴走族を中心としたヤンキー文化を発信する雑誌がいくつか存在していたが、
暴走族の減少もあり、いずれも休刊。いわば、『チャンプロード』は“最後のヤンキー雑誌”となっていたのだ。

そんな『チャンプロード』休刊の知らせに、ツイッターでは、

「え、チャンプロード…久しぶりに聞いたと思ったら休刊すんのか…なんか寂しいな」「ヤンキーではなかったが、高校生の時は読むことが良くあったチャンプロード。 休刊は世の流れか…」「フェイスブック眺めてたら友人の投稿でチャンプロードが休刊になると知って死ぬほど愕然としてる」

などと、寂しさを抱くネットユーザーも少なくない。特にかつて『チャンプロード』を読んでいたと思われる、ヤンチャな大人たちがショックを受けていた。また、

「これはこれでアレなんだけど一つの文化が終わる感じ」 「DQN怖いし人に迷惑かけるから嫌だけど、こういうヤンキー文化は興味があるし好き」 「騒音が嫌いなワイ大歓喜だけど、ヤンキーは昭和文化の化石として文化研究の対象としては興味深いんだよなぁ…たぶんヤンキーからオタクに移相してる」

といった声も多く寄せられていた。公道での暴走などの違法行為は決して肯定できるものではないが、興味深い存在である日本独自の“ヤンキー文化”。その衰退を残念がるネットユーザーも多かった。
http://news.livedoor.com/article/detail/12000736/
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/08/31(水) 16:02:20.201 ID:WSYYdef+0
あとひとつは?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/08/31(水) 07:30:14.60 0
シオジー ?@4089Bunsan 8月6日
@takeshi_tsuruno @ueishin
だからこそ
天皇陛下≧ローマ法王>エリザベス女王>大統領>首相
という国際的序列になっているんですよね。


つるの剛士 ?@takeshi_tsuruno 8月6日
@4089Bunsan ね。こんな大切で誇らしいことすらたぶん学校で教えてもらってなかったような。。いや、僕が授業聞いてなかっただけだよね。。笑
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/08/02(火) 20:56:49.41 0
稲田朋美防衛大臣とかシャレにならん
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/07/09(土) 10:02:34.50 ID:zrV4YDZX0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
三宅洋平が6位争いに確実に食い込んで来た模様。猛追しており、自民もビックリ、と。これまで情勢調査では、候補者名の読み上げに三宅洋平は含まれず。やっと名前が上がってきた。

確実に票を掘り起こして!勝たせるのはあなた。
https://twitter.com/yamamototaro0/status/751261234150797318
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/05/11(水) 09:59:23.22 ID:ONY2UB5E0
奥田愛基 aka オークダーキさんがリツイート
negotohaneteie@negotohaneteie 5時間前
#2ちゃんねる はここ1~2年ですっかり様変わりして今じゃ反 #安倍 反 #ネトウヨ のほうが
多勢になった感があるが、それと入れ替わるようにヤフーの各種サービスのコメント欄が #ネトウヨ の工作の主戦場になってるな
@aki21st
https://twitter.com/negotohaneteie/status/730121140006322177
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/05/08(日) 21:33:29.81
踊ってみたや初音ミクもオワコンらしい
なぜこうなったのか
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/05/04(水) 01:59:41.56 ID:0++S793c0
 試合後、両軍が乱闘寸前になる一幕があった。終了後、選手たちはあいさつのため、ピッチ中央に集まり出した。その際、浦項の選手がテーピングを芝の上に投げ捨てたのを、GK西川が見とがめた。

 「スタジアムには子どもも見に来ているし、自分にも子どもがいる。許されてはいけない。勝てなくて悔しかったのは分かるけど、ちゃんと持ち帰れと言いたかった」

 ごみを拾って、相手選手に持ち帰るようにうながしたが、これをきっかけに両軍選手がもみ合いになった。西川は「一流選手ほど、そういうことはしないと思う。 森脇選手もフェアプレー、フェアプレーと叫んでいたけど、自分たちはみんなに恥じないプレーをしていたいと思います」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000164-nksports-socc
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/18(月)02:20:43 ID:iT7
またお国の為にってか?……物凄くキモチ悪い
国家妄信教者は氏んで欲しい
戦争で右翼どもは何をしていたか思い出せよ
コンプレックスから国を妄信して目先の幻想しか見ないなった大多数の右翼さんよ
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/14(木) 12:21:00.45 ID:jWeDdcRf0
お笑い芸人オリエンタルラジオの新ネタとして注目を浴びている、『PERFECT HUMAN』が注目されている。『PERFECT HUMAN』といえば2014年からひっそりと仕込まれていたネタで、2016年2月13日の『ENGEI』で披露した際にそれがネット上で大きく反響があった。iTunesでもそれが切っ掛けで順位が急浮上し、4月9日には笑点でも披露。オリエンタルラジオと言えば武勇伝ネタだが、今は中田の弟のダンサーたちと組ラジオフィッシュという名義で活動。弟は「FISH BOY」というダンサーだったことからオリラジとの名前を組み合わせて「ラジオフィッシュ」となったようだ。

■『PERFECT HUMAN』は反日ソング?
そんな『PERFECT HUMAN』に疑惑を投げかける者がいる。昨年話題となった8.6秒バズーカーを覚えているだろうか。彼らは突如現れ、そして上半期に突如と消えてしまった。「ラッスンゴレライ~」というリズムネタを披露。しかし彼らのネタは反日だと言う者が現れたのだ。それと同様に『PERFECT HUMAN』を反日だと言う者がいる。「日本会議千葉八千代支部のページ」にそれが書かれており、“パーフェクト・ヒューマンに違和感”というエントリーが投稿。その内容を紹介したい。

記事では『PERFECT HUMAN』が反日ソングという視点から考察しており、「そもそもオリラジの中田がパーフェクトヒューマンであるわけがありません」としている。では歌詞に出てくる“彼”とは誰なのだろうか。それはマッカーサーを指すのではないかと言う風に書かれている。つまり終戦当時の日本の状況を戦勝国の視点から語っている歌詞だという。そして歌詞の中にある「彼の前にひざまずくのは敗者」は天皇陛下を指しているとも書かれており、同様に「賢者 識者」は戦後の左翼知識人を指しているという。
http://gogotsu.com/archives/17614
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/08(金) 17:40:27.23
 国際世論調査専門会社「ワン・ギャラップ・インターナショナル」が世界64カ国を対象に、祖国のために戦う意思があるか否かを問うアンケート調査を行った結果、韓国国民が「戦う」と回答した比率は42%となった。64カ国の平均は61%だった。国家報勲処(国家功労者を礼遇し、軍人・退役軍人の支援事業を行う省庁)が昨年11月、全国の15歳以上の男女1000人を対象に行った世論調査では、回答者の72.1%が「戦争が起こったら戦う」と回答していた。

 ワン・ギャラップ・インターナショナルは2014年9月から12月にかけ、世界64カ国の18歳以上の男女6万2398人を対象に「あなたの国が戦争を回避できなくなった場合、祖国のために戦う意思があるか」という調査を行った。韓国では1500人を対象にアンケート調査を行った。このうち42%(626人)が「戦う」、50%(752人)は「戦わない」と回答し、「わからない」または無回答は8%だった。男性は56%、女性は27%が戦う意思を示した。年齢別では18-24歳の47%が「戦う」と回答し、最も多い結果となった。以下、45-54歳(46%)、35-44歳(44%)、25-34歳(43%)、65歳以上(30%)の順となった。

 国別では、モロッコとフィジー(ともに94%)が最も高い結果となった。以下、パキスタン(89%)、ベトナム(89%)、バングラデシュ(86%)、アゼルバイジャン(85%)パプアニューギニア(84%)、アフガニスタン(76%)の順となった。米国は44%、中国は71%だった一方、日本は11%で最も低かった。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/09(土) 02:37:46.35 ID:Tcfiy/+P.ne
知らんこともあるけど、知ってる範囲で答える
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/01(金) 09:59:37.34
http://top.tsite.jp/news/buzz/o/28135178/?sc_int=tcore_news_recent
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: ジャンピングパワーボム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/27(日) 16:43:17.93 ID:8Vt1yqBs0.n
民進党結党大会 「民進党」が発足 結党宣言を採択 国歌斉唱なし

 民主、維新両党が合流する「民進党」の結党大会が27日午後、東京都内のホテルで始まった。大会の冒頭、「自由、共生、未来への責任の旗を高く掲げ、力強く国民とともに進む」との結党宣言を採択し、新党が発足した。

 発足は27日付で、総務省には28日に届け出る。民主党が存続政党となり、
27日午前の臨時党大会で解散した維新の党の議員が参加する「存続合併」方式を採用した。新党には改革結集の会の4人のほか、無所属の水野賢一参院議員も加え衆参国会議員156人でスタートする。

 民進党の結党大会では壇上の片隅に国旗が掲げられたが、国歌の斉唱は行われなかった。自民党は13日の党大会で、おおさか維新の会も26日の党大会でそれぞれ国歌斉唱を行った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000517-san-pol
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

左派に熱狂する欧米のジェネレーションY(努力をすれば成功するが通用しなくなった若者世代):日本の若者に飛び火しない理由 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1458904884/
1: 的井 圭一 ★ 投稿日:2016/03/25(金) 20:21:24.88 ID:CAP
「努力をすれば成功する」が通用しなくなった若者世代
英紙ガーディアンが「ミレニアルズ:ジェネレーションYの試練」という特集を組んでいる。ミレニアルズまたはジェネレーションY(英国ではこの二つは同義語として使われることが多い)というのは、ジェネレーションXの次の世代、つまり1980年代から2000年にかけて生まれた人たちのことである。

同紙が3月6日に発表した統計によると、過去30年のあいだに米国、英国、オーストラリア、カナダ、スペイン、イタリア、フランス、ドイツの8か国で、25~29歳の独身者たちの可処分所得が、全国平均のそれと比較して大幅に減少している。例えば、英国では1979年から2010年までの全国平均の可処分所得の伸びは71%だが、25~29歳の独身者では38%だ。米国では可処分所得の伸びの全国平均13%に対し25歳~29歳の独身者では-6%、スペインでは全国平均68%に対し25~29歳の独身者では-12%になる。さらに、米国、ドイツ、カナダ、フランス、スペインの5か国で、25~29歳の可処分所得が30年前と比較して実質的に減少していることも明らかになった。また、Ipsos MORIが行った調査では、英国の人々の54%が、今日の若者たちの将来の生活水準は前の世代より低くなっているだろうと答えている。これらの調査結果を受け、政府の社会的流動性調査委員会の代表、アラン・ミルバーンは、「このままでは英国は永久に分断された国になる」と警告する。「上の世代より下の世代の未来のほうが明るい」、「努力をすれば成功する」という中高年が信じてきた考え方は完全に過去のものになったという。保守党政権の委員会の代表でさえ以下のようなことを言う時代だ。

“「残念ですが、それはもはや通用しないということを示す非常に説得力のあるデータがあります。これは国の社会的一体性に重大な影響をもたらします。この国は、どんな社会になりたいのかという実存的危機に直面しているのではないかと思います」”出典:The Guardian :”UK faces permanent generational divide, social mobility tsar warns”

オズボーン財務相は2020年までには9ポンドの「LIVING WAGE(生活賃金)」を導入すると言っているし、昨年、大きな物議を醸したタックスクレジット削減も、拍子抜けするほどあっさり取りやめた。「保守党がだんだん赤くなってきた」と揶揄される背景には、前述のようなデータの数字に加え、泡沫候補として笑い者にされながら大勝利をおさめて労働党党首になったジェレミー・コービンの存在もある。

なぜ「選挙にいかない世代」だった若者が左派に熱狂するのか

「選挙に行かない世代」と言われて政治に放置プレイされていた若者たちが、大西洋の両側で不気味な政治勢力になりつつある。英国のコービンをはじめ、スペインには結党2年目で第三政党になったポデモス、米国にも大統領候補指名レースで思わぬ善戦をして多くの人々を驚かせているバーニー・サンダースがいる。彼らを熱狂的に支持しているのがジェネレーションYだ。

就職難、将来性のない仕事、ハウジング・クライシス、借金、下落する生活水準、結婚や子供なんて望めない。先進国では、どこの国の若者も同じような問題を抱えている。ガーディアン紙のオーウェン・ジョーンズは、若者はけっして「政治なんてどうでもいい」と思っているわけではないという。 ただ、あまりにも長い間、関係のある事柄が政策メニューに上らなかったため、自分が抱えている問題と政治をリンクさせることができなくなったのだという。しかし、コービンやポデモスやサンダースが、彼らの問題をダイレクトに解決する政策(「大学授業料無料化」「手頃な家賃の住宅の大規模提供」など)を打ち出してきたため、「こんなに自分が辛かった理由は政治だったんだ」と気付いたのである。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20160325-00055564/
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/26(土) 01:10:36.58
堀江 中国人は、ファミリーに惜しみなく投資をするんです。だから子どもをたくさんつくる。
堀江 日本もムラ社会ですけど、イタリアや中国と違うのは、国民が国家を信用していますよね。と言っても明治以降、ここ150年くらいの話ですけどでも日本人の国家に対する信頼感は、先進国のなかではずば抜けて高い。なぜだかわかんないですけど

ヤマザキ 日本には、まずは社会に認められない人はダメなんだ、という暗黙のルールがあるからじゃないでしょうか。組織や社会の規範を信じている

 例えば学校でいじめられている子に対して、「いじめられている側にも悪いところがある」っていう論理。あれは象徴的だと思いますいじめられている子の親でさえ、わが子にそう言って叱る人がいるのが信じられない。

堀江 社会にそぐわないのは、よくないという強い思い込みがある。というかそもそも、学校なんて社会じゃないんですけどねあんな小っちゃなコミュニティのなかで認められなくても全然、困らないのに。でも、そういうことは誰も言ってあげないんですよ

ヤマザキ 日本人が内向き傾向にあるという話は聞いていて、あんまりピンときてなかったんですが。日本に戻って日本人による「日本万歳!」な番組とかを目の当たりにするとなんだか恥ずかしいですよね

堀江 しょうがないですよね、島国だったから。いますぐ日本が大陸と同じような基本認識を持つのは、難しいかもしれない
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: m9(^Д^)定職につけよ ★ 投稿日:2016/03/24(木) 22:44:04.09 ID:CAP
no title


Microsoftが23日にリリースしたTwitterを通じて自動的にコメントを行うことを可能にしたAIチャットロボット「Toy.ai」が、他のユーザーの書き込み内容を学習することで、たったの1日で人種差別主義思想に洗脳してしまったことが明らかとなった。

Toy.aiは、他のユーザーのTweetの内容を学習することで、そのユーザーのコメント内容に応じた返答を行うように作られているいわゆる「人工無能」のため、他のユーザーが行ったコメントの内容を深く解析することなしに、そのままオウム返しにコメントを書き込むことを行っていることがこのような状況が発生する要因となっている。

Toy.aiのコメントには、そのまま引用することも憚れるような大問題を引き起こしかねないようなコメントも含まれる形になっており、稚拙なプログラムを容易に公開したMicrosoftへの批判もでてきている。

米国市場では、このところ、企業のヘルプデスクなどの仕事を電話サポート方式からオンラインチャット方式に切り替える動きが続いており、こうしたAIチャットロボットは企業のサポート業務のコストを大幅に軽減できるものとして、IT企業の間では、研究開発が進んでいる。
http://www.businessnewsline.com/news/201603241232540000.html
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: ハイキック(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/22(火) 16:55:50.64 ID:OlNRMYOX0
 共和党系か民主党系かを問わず、アメリカのインテリ層はトランプ旋風という未曽有の混乱のなかで困惑し対応を決めかねている。

 アメリカが指導力を失った「Gゼロ」後の世界についての著作で知られるイアン・ブレマー氏は、スタンフォード大学で博士号を取得後、わずか28歳でシンクタンク「ユーラシアグループ」を設立した気鋭の政治学者だ。ニューヨークに本拠を置くブレマー氏は、目下の選挙戦への困惑を次のようにツイートしている。

「ニューヨークとワシントンにはたくさんの知人がいるが、そのうちの誰ひとりとしてトランプ支持者に出会ったことがないという。これは大問題だと思う」

 つまり、都会のホワイトカラーでトランプ候補を支持する人は極めて少ないということだ。

 一方、トランプ支持者の中核となっているのは白人のブルーカラーである。彼らの多くは工場で働いているが、工場の海外移転や低賃金の移民労働者の増加などによって職を奪われ、不満を募らせていた。サービス業で働くブルーカラーも賃金の安い仕事を移民と奪い合わなければならない。白人ブルーカラーの怒りは高まる一方だった。

 その怒りをたくみに利用して勢力を伸ばしたのがトランプ候補だった。「偉大なるアメリカの復活」を力強く約束し、「悪いのは中国や日本」「敵はメキシコ人」などと問題を単純化してみせるトランプ氏に彼らは熱狂した。

 トランプ氏に煽られて熱狂するブルーカラーたちと、冷静な目を保とうとするホワイトカラー、インテリ層。両者のギャップはここ数カ月で急速に広がっている。ブレマー氏の目にはそれが大きな問題と映っているようだ。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46374
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 22:10:51.50 0.net
これはもうダメかもわからんね

no title
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ