ヒッチホテルで自分のクルマをキャンピングカーに!?小型折りたたみ式キャンパーが4500ドル!

ヒッチホテルで自分のクルマをキャンピングカーに!?小型の折りたたみ式キャンパーが4500ドル!

小型キャンパーがここ数年、注目を集めていますね。メーカーはますます小さなトレーラーに多くの注目を集めさせようとしています。ヒッチホテルと呼ばれる最近立ち上げられた会社のこの製品は、とてもシンプルでベーシックな仕様となっています。

ヒッチホテルは、クラウドファンディングのKickstarterで、相場の高額なキャンパー業界にリーズナブルな代替案の商品としてデビューしました。もともと、マウンテンバイクを収納する貨物箱として設計された約100キロの防水性のファイバーグラス製のボックスです。自動車のヒッチに取り付けられ、運転中にも広さ約1.7平方メートルの収納力を発揮します。つまり、フルサイズの自転車を3台、スノーボードやキャンプギアをも自由に選ぶことができるのです。

キャンプ場に入れば、伸縮機能を使用して、ヒッチホテルが大人2〜3人が眠れる広さに広がります。大人3人だと狭いように見えますが、2.2メートル×1.4メートルのスペースは、クイーンサイズのマットレスより少し大きいほどです。マットレスはヒッチホテルには含まれていませんので、自分自身で入手する必要があります。

ヒッチホテルで自分のクルマをキャンピングカーに!?小型の折りたたみ式キャンパーが4500ドル!

この写真はキャンプ場で、クルマから分離された状態です。キッチンやバスルームも中にあります。ヒッチホテルには2つの内部通気窓と屋根のファンが付いていますので、小型の輸送用コンテナのように感じることはありません。その他の機能には、ロック可能なドア、USBポート、12Vのライト、牽引用のテールライトなどがあります。セットアップにはほんの数分しかかかりません。ヒッチホテルは、ボックスを車から引き離してトランクにアクセスできるようにする内蔵スライドを使用しています。
ヒッチホテルは4,499ドルで販売される予定ですが、Kickstarterで2,998ドルの大幅な割引、送料無料です。

ヒッチホテルで自分のクルマをキャンピングカーに!?小型の折りたたみ式キャンパーが4500ドル!

ヒッチホテルで自分のクルマをキャンピングカーに!?小型の折りたたみ式キャンパーが4500ドル!

ヒッチホテルで自分のクルマをキャンピングカーに!?小型の折りたたみ式キャンパーが4500ドル!
via GearJunkie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語意外は投稿出来ません。