豪華なAフレーム改良型キャビン、しかも完全オフグリット。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州のグンダガイ(Gundagai)外の丘にあるこの豪華なA-フレームは、7000エーカーの作業場であるキモ・エステートにあり、長期休暇賃貸や結婚式場としての2つの機能を持っています。

Anthony Hunt DesignとLuke Stanley Architectsによって設計されたこのキャビンは、わずか28平方メートル(301平方フィート)の大きさですが、美しく見応えがあり、デザインに優れています。

エコマインドホームは、現地調達されたオーストラリアの広葉樹と他の再生木材を使用して2人のチーム(オーナーとビルダー)によって建設されました。波状の金属屋根が土台を覆い、1つはメインの入り口を、もう1つは木製のデッキにつながります。

建築資材はコンクリートが含まれていますが、工業用配管、ガラスルーバー、薪ストーブ、パネル付き壁、内蔵ストレージなどの細部は素朴なデザインとなっています。このタイニーハウスは完全にオフグリッドであることを知って驚くかもしれません。照明は太陽光で、水は地下の雨水タンクから集められ、太陽光で加熱されます。夢が実現しました。


Photos by Hilary Bradford Photography
via https://inhabitat.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語意外は投稿出来ません。