芸能

タグ:芸能

1: モダンノマド 2017/02/12(日) 07:53:06.17 0
なんかある?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/12/09(金) 19:34:40.26 ID:CAP_USER9
本日2016年12月9日、俳優の成宮寛貴さんが芸能界を引退することを発表した。 成宮さんの発表を見ても分かる通り、この突然の引退劇には、先週12月2日発売号の『FRIDAY』が深く関係しているようだ。

そんな中、直接的な原因とも言える『FRIDAY』のTwitterアカウントにファンからの批判が殺到している。

・大炎上
本日、13時に「成宮寛貴生々しい肉声データ」という記事のつぶやきを行っている『FRIDAY』のアカウント。成宮さんの引退発表を受けて、このつぶやきへファンから過激な批判が殺到しているのだ。 リプライの内容を以下にかいつまんでご紹介したい。

・ネットの声
「ふざけんな、責任とれよ」
「お前らほんとクズだな」
「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」
「この罪は一生許さない」
「何が楽しくて一人の人間の人生壊してんの?」
「チョーシのんなクソ雑誌が 廃刊しろや」
「氏ね」
「おいカスふらいでー成宮引退とか」
「金は儲かった? 証拠無くても書いちゃえばいいもんなお前らは」
「許されると思うなよ。廃刊しろ」
「今の年収の何十年分かくらいは賠償すべきでは?」
「陰性って出たじゃん。ふざけんな」
「人の人生歪めて楽しいですか?」
「人の人生を奪って得たお金で家族養ってるのか」
「デマでも悪質過ぎますよね」
「文春ごっこ楽しいか?」

──などなど、大変過激な言葉が並んでいる。
この『FRIDAY』へのバッシングはしばらくやみそうもないが、何かしらの対応を行うのか? また、人気俳優を失った所属事務所も今回のスクープには怒り心頭なはず。 今後の続報が待たれる。
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1209/rct_161209_3552387966.html
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/05/14(土) 00:26:04.62
今日の金スマの放送を見て、書かないといけないなと思い、事務所を通さず勝手にブログを書いています。

まず、週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました。このような嘘をついてしまい本当に申し訳ありません。離婚するまでは友達でいようと言っていました。周りが見えてなかったし、本当に僕は誰の気持ちも考えてやれなかった。2人とも不幸にしてしまいました。

奥さんの気持ちを踏みにじり実家にベッキーさんを連れて行ったのも僕の独断です。奥さんに対してもベッキーさんに対しても本当に申し訳ないことをしたと思っています。

あと「誰に謝ればいいのか」という発言。これは奥さん、ベッキーさん、ファンの皆さんや関係者の皆さんにあてたものではありません。

ネットで心ない暴言を浴びせてくる人たちに対して言いました。ベッキーさんのSNSにも僕のSNSにも日常的に「氏ね」「消えろ」というような乱暴な言葉が並んでいました。それに我慢が出来なくなりました。

ただこの発言を僕は公の場でするべきではなかったし、僕がそれを言う資格はなかった。結果数々の誤解を生みました。本当に子供だったと反省しています。


そしてベッキーさんは休業をしているのに、何故僕は休業しなかったか。それは待ってくれているファンがいたからに他なりません。音楽を聴きに来てくれる人がいるのに裏切ることはできない。綺麗事に見えるかもしれませんが、僕はメンバーと作り上げた作品をただただ歌いたかった。僕の勝手かもしれませんが、それが理由です。両成敗というアルバムを出したくせに何を言ってるんだと思うと思いますが、僕にはそれしか出来ませんでした。ファンが楽しむ、というのが一番大事だと、その考えは変わっていません。

ベッキーさんとは不倫関係にあって、奥さんを苦しめたし裏切りました。かつメンバー、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、僕らのファンのみなさん、ベッキーさんのファンの皆さんには多大なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません。

文章で、かつこのタイミングでお伝えすることになって本当に申し訳ないと思っています。

これからも自分たちの音楽でファンの皆さんにしっかり向き合って、indigo la End、ゲスの極み乙女。共々頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

川谷絵音
http://blog.livedoor.jp/indigolaend/archives/1057280638.html
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 04:56:00.20 ID:???*.net
5日放送の「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦4時間SP」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが“フィクサーみたいな人たち”の存在を語った。

番組では「春の公開質問箱007」と題して、NEWSの増田貴久がマツコへ「言いたいことが言えない人がいませんか?」という質問をぶつけた。

増田は、マツコについて誰にも分け隔てなく接する印象があると話したうえで、そんなマツコでも気を遣う芸能人がいるのか?という疑問を持っていたのだという。

この質問にマツコは否定しながらも「頑張ってでも言うようにした、怖いなって思っても」と、相手が大物芸能人でもひるまない努力をしていたことを明かした。

一方で、マツコは芸能人以外では「たくさんいる」と明かし、司会の上田晋也から誰なのかを迫られると「言えない、それは」と、首を横に振り笑いを誘った。

その後、マツコは「いや、なんかもう…フィクサーみたいな人たちよ」と、不思議な例えをクチにすると、スタジオに笑いが起きた。

フィクサーの意味を説明しろという上田に、マツコが「操ってるのいるじゃん!現場には滅多にこないんだけど、たまにいるとなんか…」と説明すると、今田耕司が「周りの雰囲気がガラッと変るみたいな」と例えてみせ、これにマツコが「周りの雰囲気がピリッとする人。そういう人が私たちを操ってるのよ、上から」と訴えた。

また、そういったフィクサー級の人物に対しての対応を、マツコは「これはダメだ、これは余計なこと言っちゃダメだっていう人は、とりあえず笑ってるわよ」 「私だって、そういう所あるよ?」と、自己流の処世術を語り笑いを誘った。

http://news.livedoor.com/article/detail/9976668/
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 03:38:41.35 ID:up70OIzZE.net
宝くじより夢あるやん
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)02:32:54 ID:5oQzwOLrh
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2301G_T20C14A4000000/?df=2
>フォロワー数300万以上で1位の有吉弘行のアカウントは、月換算で7億円以上に。
>例えば、某大手検索サイトのトップページのバナーを有料で掲載すると、月に最低でも約3000万円かかる。
>これに対し、有吉のツイッターアカウントは、無料だが、もしこのアカウントを売った場合、
>トップバナー広告を20回以上打てるだけの、金銭的価値がある。

正確には月7億7657万円×12ヶ月=年間約93億円

凄すぎるぞ。有吉! さすがは芸能界次世代KING筆頭!
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 名無しさん 2014/03/21(金)15:47:47 ID:Zb0q3jKC1
22日発売の雑誌「ViVi」5月号は、世界中のファッションアイコンの間でブームが再燃している「美少女戦士 セーラームーン」との特別コラボ企画を実施。

持ち前のスタイルでセーラームーンになりきったローラは「日本に戻ってきたときくらいに、セーラームーンのアニメをすっごく見ていて、本当に好きだったから、今回セーラームーンになれてすっごく嬉しいの。一生忘れない大切な思い出になったよ!」と大興奮。

ソース:モデルプレス
http://mdpr.jp/review/detail/1341245

画像:セーラームーンのコスプレを披露したローラ
no title
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/04 23:00:51 ID:ULIGUWqb0
総合プロデューサーではない
まあまあ売れてます
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ