ポエム

タグ:ポエム

1: モダンノマド 2017/02/19(日) 11:20:57.46 ID:xIfwidK5
スレッド作成などはじめてなので至らない点あると思いますが、すみません。

付き合いはじめて三ヶ月ちょいのころに
Twitterの裏垢で

『メッキは時間が経てば潮風で錆びるし、いくら優れたコンピュータでも時間が経てば基盤ごと劣化する。経過する時間とともに深まっていく愛を望みたいところだけど場合によっては冷めてるとこもある。果たして俺らはどっちかな?
結局はもっかい最初くらいの頃にまた戻りたい』

とツイートしていました。理由は私がLINEを五日ほど返信していないかららしいのですが、
これはポエマー彼氏ですかね?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/19(木)08:04:56 ID:FFS
お代は頂きません
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 名無しさん@おーぷん 2014/04/30(水)02:42:37 ID:RDATD850w
働くことや生きる意味だの、希望だの洗脳されすぎだろ
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: ◆LVPw8vYKWwjL 2014/04/14(月)20:44:24 ID:HVdLAANeF
ブラック企業だけじゃない!ポエム化する日本企業が急増中
2014.04.14 R-30
◆今、日本の企業全体に「ポエム」が溢れている!

ブラック企業, ポエム化, 社則, 職場, 職業 夢、仲間、絆、希望、笑顔、理想の自分――。口にするのが恥ずかしいような言葉を多用した、こうしたフレーズが日本社会に増殖している。そして、そんな文章を、近年“ポエム”と呼ぶ風潮がある。

ブラック企業に限らず、“ポエムな言葉”が盛り込まれた社歌を歌いながら体操したり、毎朝、社是を大声で斉唱したり、社員に駅前清掃を強要する企業も少なくない。こうした独自の規定を義務づけ、社員の労働意欲を引き出し洗脳しようとする企業を「ポエム化する日本企業」と広く定義した場合、企業ではどれほど“ポエム化”が進んでいるのか。20~50代の男性サラリーマン200人にアンケートをとったところ、「“ポエム”がある」と答えたのは14%だった。

◆ポエム化企業の奇々怪々なルールの数々

ポエム化 香ばしい社訓に奇妙な体操、奇々怪々な慣習など、珍妙なルールを押し付けるポエム化企業はさまざまな業界にはびこっている。「ポエム化した会社のせいで、心身ともにボロボロになった」と語るのは、1年前まで中堅の会計事務所に勤務していた田中正志さん(仮名・30歳)。「とにかく笑顔と明るさを強要する会社だった」と話す田中さんの職場は朝から奇妙だ。「朝、会社に来たら、すでに出社している社員の元に『おはようございます!』と挨拶と握手。遅めに出社したら、全員のところを回らないといけないから大忙しです。逆に仕事をしたくて早めに出勤しても、後から出社した人が次々と挨拶と握手をしにくる……。とても仕事どころじゃないですよ」

 朝礼も異様だ。「まずは一斉に拍手から。顔の前で、全力の笑顔で行う『情熱拍手』。次に『ハッピー、ハッピー!』と歌いながら笑顔で踊る『幸せ体操』。誕生日の社員がいれば、ギターを持ち出してオリジナルソングでお祝いされ、洞察力を養うという名目の『熱血じゃんけん』など、朝から不思議なルールのオンパレードでした」

ポエム化

過剰なストレスから、うつ症状と蕁麻疹が発症した田中さん。精神安定剤や睡眠導入剤などを今も飲み続けている。そんな不思議さは朝だけにとどまらない。「お客さまが来社したら、作業を止めて『いらっしゃいませ!』と大声で挨拶。いちいち仕事をする手を止めなければならないので効率が悪いこと、この上ない。あとは、年に22回、ボランティアとして小学校のトイレを素手で掃除します。一応、希望者のみでしたが、参加しないと査定が悪くなるのでほぼ強制参加でした」

 最終的にはストレスがたまりすぎて軽いうつ症状に蕁麻疹まで発症し、退職を決めたとか。
http://nikkan-spa.jp/618641
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: きのこ記者φ ★ 2014/03/13 00:03:01
「この聖域は、総てのDESIREを満たす。」(ランドステージ代々木の杜)、 「扉の向こうに、完全なる小宇宙が広がっている。」(南青山テラス常盤松フォレスト)――。

週末の折り込みチラシや電車の中づり広告には、都心の新築高級マンションを形容する華やかなキャッチコピーが躍る。いささか過剰とも思えるほどに情緒あふれたその文体は「マンションポエム」とも呼ばれ、建設ラッシュに合わせて新たな作品を次々と生み出している。売り手と買い手の思惑が絡み合って生まれた“芸術”、マンションポエムの世界をのぞいてみた。

マンション広告のキャッチコピーはほとんどの場合、不動産会社が考えているわけではない。広告代理店にイメージを伝えて複数の案を出してもらい、その中から選ぶ。その工程はマニュアル化されたものではなく、伝えるイメージの具体性や最終的にどの案を選ぶかは「担当者次第で大きく変わる」(不動産大手)。

■都心ほど高まる「ポエム度」
確かにコピーの作風は物件によりさまざまだが、全体的に都心の高級マンションほど「ポエム度」が高い。郊外のファミリー向けの物件が、立地の利便性など実利面を強調する傾向にあるのと対照的だ。そこには、都心ならではの事情があった。

都市の建築物を被写体にしてきた写真家の大山顕氏は、マンションポエムを「建築を隠す言葉」と表現する。「マンションは規格化が進み、もはや『法律と経済でできている』といっても過言ではない。都心の2億円の物件も郊外の2000万円台の物件も、建物自体にそれほどの差はない」。

実際のところ、価格差のかなりの部分を占めるのは土地代だ。マンションポエムは、「家」を「邸宅」に、「森」を「杜」に、「住む」を「住まう」にドレスアップする。高級感で建築を包み込むことで「値段が高いのは土地が高いから」という身も蓋もない理由を曖昧にし、「そこに住めばハイグレードな生活が待っている」という夢を買い手に抱かせる作用を持っている。
 
http://www.nikkei.com/money/features/32.aspx?g=DGXNMSFK03023_03032014000000&df=1
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/11 10:51:05
夢、仲間、絆、希望、笑顔、理想の自分――。口にするのが恥ずかしいような言葉を多用した、こうしたフレーズが日本社会に増殖している。そんな文章を近年“ポエム”と呼ぶ風潮がある。この現象、実は企業にも及んでいることをご存知だろうか。ブラック企業に限らず、“ポエムな言葉”が盛り込まれた社歌を歌いながら体操したり、社員に駅前清掃を強要する企業も少なくない。こうした独自の規定を義務づけ、社員の労働意欲を引き出し洗脳しようとする企業を「ポエム化する日本企業」と広く定義した場合、企業ではどれほど“ポエム化”が進んでいるのか?

◆なぜ会社にとってポエムは必要なのか?

ネット回線の営業会社に勤める植草祐介さん(仮名・30代)は日本企業のポエム擁護派の一人だ。

「ウチの会社は、300人採用された同僚が5年に20人しか残っらないほどの激務。そのなかで生き抜いてきた僕から言わせてもらうと、巷でポエムと騒がれている行為は必要だと思いますね」

植草氏が勤務する会社は若い社員が多く、大学のサークル活動の延長のような雰囲気なのだとか。

「とにかくサプライズ好き。誕生日の人がいれば、業務中にパイケーキを顔面に投げつけて祝福したり、突然バリカンで坊主にされてお祝いされた同僚もいました」

こうした手荒なサプライズが、激務にも耐えうる強い結束力を生むのだという。さらには、「『仲間意識を強めるためには、同じ釜の飯を食うのが大事』と課長の指示で社内で米を炊き、昼食時に課のスタッフ全員で食べていました。ことわざを地で行くのには正直驚きましたが、確かに団結力は増したように感じましたね」

飴と鞭の使い方も徹底している。

「営業成績が悪いと、課長に暴力的な言葉を浴びせられ、正直心が折れる。すると登場するのが“飴チューター”と呼ばれる教育係の優しい先輩。待ってましたとばかりに激怒後の課長と入れ替わり、『課長も心を鬼にして言ってくれている』とフォローしながら、熱い言葉で叱咤激励してくれる。励ますほうも励まされるほうも男泣きですよ!」

まるで自己啓発セミナーか新興宗教のようだが、そんなシーンはよく目にするという。

「ただ、正直合わずに辞めていく社員も多い。ですが、営業にはこのバカさも必要。能力なき者が去るのは、決して悪いことではないんですよ。辞める人は早くに見切りをつけて転職できるわけだし、残った人でこの世界で生き抜ける精鋭部隊をつくることができるわけですから」

来年度からは“飴チューター”を任される草野氏。ポエムは脈々と受け継がれていくのだ。

【植草祐介さん(仮名)】
入社8年目。課の中で5~6人で構成される営業チームのチームリーダーを務めている。社内売上げNo.1を目標に掲げる課の力になれるよう奮闘中。仕事には厳しいが、常にスタッフのことを考えてくれている課長に心酔している

http://nikkan-spa.jp/601475

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31 20:14:41 ID:NMVHV1yq0
それじゃあ1巻から

我等は 姿無きが故に
それを畏れ

We fear
Which we never see it
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ