1:
IBM「世界最小のコンピューター」1mm四方でゲームも実行可能な処理能力
画像は64個のマザーボードがセットになったもの
no title


3月19日から、カンファレンス「IBM Think 2018」を開催しているIBMが、現在世界最小のコンピューターを開発中だと明かしました。

詳細情報はまだ不明ですが、今週中にもう少し詳しい情報が出る可能性があります。現状判明している情報としては、コンピューターは1mm×1mmの大きさで、岩塩の粒よりも小さく、製造コストが10セント以下ということです。

上の画像は64個のマザーボードがセットになったもので、それぞれに今回の小型コンピューターが2台搭載されています。これまでの世界最小のコンピューターは、2015年に発表された「Michigan Micro Mote」で、大きさは2mm四方でした。

今回のコンピューターには、数十万個のトランジスタ、SRAMメモリ、電源用の光起電力セル、LEDと光検出器を使用する通信ユニットが搭載されています。処理能力は1990年のx86チップと同等のレベルで、1993年の名作PCゲーム「Doom」を実行することも可能な処理能力とのことです。

順調にいけば、IBMは今後5年間のうちに、このチップのLEDを1ピクセルのディスプレイとして実用化する見込みです。また、IBMは今回の発表に伴い、このコンピューターの内部がどのような構造になっているのかを表した動画をYouTubeに投稿しています。

World’s smallest computer - YouTube
https://youtu.be/yCL1F9oM4HI


IBM、「世界最小」コンピュータを発表--ブロックチェーン活用で偽造品対策に期待
Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年03月20日 11時06分
https://japan.zdnet.com/article/35116404/

 IBMは米国時間3月19日、ネバダ州ラスベガスで開催中の「Think 2018」カンファレンスで「世界最小」のコンピュータを発表した。塩粒ほどの大きさのこのコンピュータは、1年間で6000億ドル(約64兆円)に達するとされている、医薬品やテクノロジ製品、現金の偽造品流通防止に役立つはずだ。

 同社は、世界のサプライチェーンにおける偽造品の流通を監視するという目的で、この超小型コンピュータがブロックチェーンネットワークにおいて重要な役割を担うことになると予測している。

 この微細コンピュータは、サイズが1平方mmであり、不正防止システムにおける、いわゆる「クリプトアンカー(crypto-anchors)」として機能することになる。

 IBMによると、その製造コストはたったの10セント(約11円)であり、「数十万個のトランジスタと、ストレージ、電源、通信機能が塩粒ほどの大きさに詰め込まれている」という。

 IBMはその仕様をまだ公開していないが、同社の広報担当者が米ZDNetに語ったところによると、1個で1990年代のx86チップなみの性能を有しているという。

 ニューヨーク州ヨークタウンハイツにある同社のThomas J Watson Research Center(トーマス・J・ワトソン研究所)は近々、このコンピュータの詳細を論文で発表する予定だ。ただ、大まかな設計はIBMによって説明されている。

 IBMが公開した写真には64個のマザーボードが写っている。左端のマザーボード2つの上にはそれぞれ、世界最小のコンピュータ(盛り上がった立方体部分)が取り付けられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
http://www.zdnet.com/article/worlds-smallest-computer-ibms-fraud-fighter-is-so-tiny-its-almost-invisible/

IBMが世界最小のコンピューターを発表、塩の粒より小さいサイズ
no title


IBM「世界最小のコンピューター」1mm四方でゲームも実行可能な処理能力
記事ライター:iedge編集部2018.03.20
no title
スポンサーリンク


このスレッドと同じタグが付けられてるスレッドを探せます。edit
ここの3000円取引ボーナスでレバレッジ888倍でFXやった結果ww

2:
日本の技術力では無理やな

4:
そのゲーム
ミドリムシやミジンコをやっつけるの?

5:
そのうち頭に仕込まれそうw

10:
>>5
こういうのが表に出てくってことはとっくにやってる

53:
>>10
ほんこれ

人間牧場の永遠

58:
>>10
呼んだチュー?
no title

70:
>>58
頭の茶色のぶよぶよした感じのはなに?
接続口を塞いでるのか?

しかし、確実に実験動物の寿命が縮まるような実験、研究者はよくやるなあと思う。

6:
すげーーーーー


米粒スマホ、くるか

7:
ナノマシン

11:
スカイネット…

13:
> IBMによると、その製造コストはたったの10セント(約11円)であり、
> 「数十万個のトランジスタと、ストレージ、電源、通信機能が塩粒ほどの大きさに詰め込まれている」という。

これはやばい

15:
小型化は日本の得意中の得意。

18:
ARM2/3付近を再設計して1mm^2に収まる?

54:
>>18
Z80レベルなら今のプロセスでシュリンクすれば、1mm x 1mmのダイに4096コア位集積できるよ

21:
IBMってLenovoに吸収されたんじゃなかったのか

35:
>>21
ワロタ

48:
>>21
パーソナル部門を売っぱらっただけだ

25:
なんで岩塩の粒なんだろ

49:
>>25
米粒なり麦にしたほうがいいよね
まあ指に乗ってるから大きさわかるけど

28:
IBMがパソコンしか作ってないと思ってる情弱がいる

29:
>>28
カッコンカッコンカッコン

31:
落としたら見つけるの大変だな

32:
ちっちゃいスマホを脳内に埋め込んで無線通信する時代かぁ・・
攻殻機動隊の未来ってあっけなかったね

108:
>>32
やばいな、将棋界が終わるぞ。






不正を見抜けなくて

37:
スマートウォッチやワイヤレスヘッドホン、あとはヘッドマウントディスプレイ向けかな。

38:
これを積み重ねたらスパコンになる

41:
壊れたら修理できないな
交換のみか

45:
>>41
マザボやメモリやSSDが壊れてもそれだけ取り替えるだろ?
それがまるごと交換になるってだけ

64:
>>45
なんだか味気ないのう
楽になるといえばそうだが

52:
でも製造コストが安くても売り出すとお高いんでしょう?

55:
なにこれIBM株買ったほうがいい?

57:
メタルギアごっこが捗るな

61:
家から会社からモノが無くなる時代も近いな

65:
>>1
塩粒よりでかいじゃん

69:
>>65
だから見やすくするために、わざと64枚のボードの上に
載せてるんだって。それでもあの大きさ。
左の角のとこに乗ってるのがコンピューター。

73:
コンピュータを使い捨てできる時代がくるのか…

74:
つまり1mm角のチップ一つでファミコン超えてるってこと?

86:
>>74
1チップ化まだしてないスーファミも軽く超えちゃうね
90年代のものとはいえPCクラスだからなぁ

複数載せると協力して性能が上がっていくと面白いね

78:
ユビキタス時代がやってきたな

地球上のどこに行っても地中にも水中にも空中にもあらゆる生物の体内にも
細菌サイズのコンピュータが満ちていて世界的なネットワークが構築されている

そんな世界の到来も間近い

79:
チップセットの超小型化って
ナノマシンへの第一歩ですよね

ナノマシンまで言わなくても
いろんな素材に埋め込んでデータがとれてしまう
盗撮・盗聴・ストーキングなんでもござれだ

GISやNIC、各種センサー類の超小型化ができたらだけど

101:
ついに来ましたね、1チップPCが。

しかし、IBMがこれを先にやったのは流石ですねw

まあ、これはサイズにこだわったから処理能力が犠牲になりましたが、

数年以内に現行のPC並みの1チップPCが出そうですね、この感じだと。

102:
余裕でwindowsNT3.51も動く

119:
DOOMってスーファミとかのゲームだから
スーファミ程度の性能のPCが岩塩の大きさで製造コスト11円と言ったほうが
わかりやすい

129:
なるほどね
日本だと米粒のところ
アメリカでは小さいものの表現が岩塩のツブなのか。
日本人に塩の粒言われても、食塩のサラサラの粒を思い浮かべるぞ。
分化の違いやね

145:
ブロックチェーンなんて管理上の地味な技術に過ぎないのに何故大層な意味づけをされるのか

147:
>>145
バカを騙すには流行ってる言葉を使うんだよ

155:
>>145 まだ十分に産業技術として活用されてないので、
伸びしろがあると見られてるからだろう。
技術的に高度というのではなしに、今からそれを使った経済的価値が伸びそうだからだろう。

154:
よく見たら  こりゃ電源まで付いてるのかww

スポンサーリンク