カップルが古いエアストリームをボヘミアンドリームにリノベーション

ネイトとテイラーが90年代のエアストリームキャンパーを買った時、それは安っぽい木製ラミネート、時代遅れの生地、そして床の割れという酷い状態でした。キャンピングカーを改装した年のうち、より良い部分を費やした後、このカップルはそれをボヘミアン風にリノベーションしました。

このエアストリームはAugustineと呼ばれ、ウェブサイトを持ち、まさに#camperlifeそのままの生活です。ネイトとテイラーは壁を鮮やかに白く塗って、織り直された壁のタペストリーを飾り、キャンピングカーのライフスタイルの「自由な精神」の雰囲気を伝えました。

インディゴソファ、レザーポーフ、収納棚が備わった居心地の良いリビングルームがあります。キッチンは小さくも効率的で、再生木製のテーブル、カスタムキャビネット、2人分の座席があります。居心地の良いベッドルームには、書棚が建てつけられた木製の壁があり、全面的な空間に暖かさを与えています。

このカップルは空調意外のリノベーション作業を自分たちで行いました。エアストリームのリノベーションについて質問がありますか?テイラーには、貴重な「前」の写真はもちろんのこと、アドバイスがたくさんあります。

Photo Augustine the Airstream
via https://augustinealongtheway.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語意外は投稿出来ません。