迷路のような広大な林の中に建てられた、あえて周囲と馴染ませない真っ赤な家。その理由は?

迷路のような広大な林の中に建てられた、あえて周囲と馴染ませない真っ赤な家とは

ハウス3000と名付けられた家は、周囲に馴染むものでありません。鋭い角度のファイヤー・エンジン・レッドのRebelo de Andradeが設計した家は、ポルトガルで1,000エーカーの緑豊かな林の中で、間違いようのないビジュアル・マーカーとなっています。土地には何百ものオークと松の木があり、景観は目もくらむような迷路のようです。

迷路のような広大な林の中に建てられた、あえて周囲と馴染ませない真っ赤な家とは

「測地線の目印は、人々を時代を越えて誘導する基準点の代わりになる建築である」と、建築家はウェブサイトで説明しています。

赤いファサードは、大胆なランドマークとして機能することを意味します。建築家は、4,356平方フィートの住宅の概要を、細長い屋根と長方形の窓で意図的に設計しました。「家の外装デザインは、小学校前でも子供たちが作った絵と同じようだ。」と彼らは説明しています。

迷路のような広大な林の中に建てられた、あえて周囲と馴染ませない真っ赤な家とは

内装では、控えめな印象ですが、木目の床と白い壁がとても綺麗に映ります。家具は軽く控えめです。これは、ファサードの大胆さとは対照的である意図的な選択です。もしあなたがもう少し色を欲っすれば、庭に出れば解決するでしょう。

迷路のような広大な林の中に建てられた、あえて周囲と馴染ませない真っ赤な家とは

Photo Dwell
via Dwell

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語意外は投稿出来ません。