長時間労働

タグ:長時間労働

1: モダンノマド 2016/12/23(金) 17:55:16.66 ID:CAP_USER
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/23/avex-claims_n_13806948.html

「エイベックス・グループ・ホールディングス」の松浦勝人社長(52)が12月22日、社員に違法な長時間労働をさせていたとして労働基準監督署から9日付で是正勧告を受けたことについて、「そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか」と自身のブログで労働基準法について持論を述べた。

松浦氏は「労働基準法 是正勧告とは」と題して次のように綴った先日労働基準監督署から是正勧告を受けた。このことに対しては現時点の決まりだからもちろん真摯に受け止め対応はしている。でも労働基準監督署は昔の法律のまま、今の働き方を無視する様な取り締まりを行っていると言わざるを得ない。(中略)そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか。(中略)望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の「夢中」から世の中を感動させるものが生まれる。それを否定して欲しくない。

だから時代に合わない労基法なんて早く改正してほしいし、そもそも今のキャンペーンは労基法の是正が遅れているにも関わらず、とりあえず場当たり的にやっつけちまえ的な不公平な是正勧告に見えてならない。
 
(松浦勝人オフィシャルブログ「仕事は仕事で遊びは遊び」Powered by Amebaより 2016/12/22 06:03)

松浦氏はさらに、「労基法の改正は、長時間労働の抑制だけじゃなく、元々議論されているようにその改正が働き方の多様性に対応するものであってほしいと願う」と強調。「戦うべき時は相手が誰であろうと僕らは戦う。それが僕らの業界とこの国の未来のためだと思うからだ」を力を込めた。

エイベックスは、三田労働基準監督署から、実労働時間を管理していない▽長時間残業をさせている ▽残業代を適正に払っていない、と指摘され、9日付で勧告を受けた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 2016/06/18(土)13:24:53 ID:???
過酷な長時間労働やサービス残業など、ブラック企業のひどいニュースが絶えない。それらの問題はあたかも最近になって生じているかのように錯覚しそうだが、
根底には日本人が大昔から受け継いできたメンタリティがあるとしたら、どう思うだろうか。

6月15日、第二次世界大戦中にアメリカが制作したプロパガンダフィルムをツイッターユーザーが、「日本人は戦前から何一つ進歩してないぞ」のコメントとともに投稿。およそ7800のリツイートがされるなど、ツイッター上で話題となっている。

「降伏は恥と不名誉」休めない、逃げられないという日本人の精神

このプロパガンダフィルムは終戦直前の1945年7月、アメリカが自国の戦意高揚を意図して制作された。タイトルは「Know Your Enemy: Japan(汝の敵、日本を知れ)」。現在、YouTubeに動画がアップされている。内容は必ずしも正確とはいえないが、「社畜」が話題となる現代日本人の働き方に通じる日本人の精神性を痛烈に描写している。
https://news.careerconnection.jp/?p=25010
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: モダンノマド 投稿日:2016/04/06(水) 08:46:29.88
外国人が日本で働くことに魅力を感じない理由
no title
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1: 膝十字固め(中国)@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 22:14:47.32 ID:YfSlXRiM0●.net BE:238078581-2BP(2000)
ドイツの連邦労働大臣アンドレア・ナーレス氏は、長時間の労働が人の心に及ぼす影響についての研究を根拠として、午後6時以降に仕事をすることを禁止する方向で、2016年までに法改正を進めることを示唆しました。

午後6時以降や週末に業務上のメールのチェックなどを行う人は、うつ病や何らかの心の病なかかる可能性が高くなるということで、午後6時以降は業務に関わるメールの閲覧自体を禁止する方針だそうです。

もちろん、急に習慣を変えることは難しいので、2016年までの間は試用期間として、労働者の中には時間外の閲覧を禁止するアプリなどを使用する人も現れたようです。

心の健康は一通のメールより大切!つまり、仕事より個人の生活が大切という、ヨーロッパ人らしい考え方ですね。

ちなみに、ドイツのお隣フランスでは、1999年に週35時間労働が導入されたにも関わらず、メールのチェックで労働時間が長くなる人が多かったため、すでに時間外の業務に関わる電話やメールが禁止されています。

スマートフォンなどの普及で、いつでもどこでもメールのチェックなどをできて便利な反面、ついつい労働時間が長くなりがちな現代人には、必要な法律なのかもしれません。
http://woman.mynavi.jp/article/141124-63/
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ