1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/06 14:46:53
★人類はロボットによって二分され、支配されるのか? 第2機械時代の到来、危険を理解していないと大変な目に遭う恐れ 
2014.02.06(木) Financial Times (2014年2月5日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

アラジンはランプを1度こするだけで、すべての望みを叶えることができる知的な存在を意のままに操ることができた。この魔神は身体を持たない精霊だったが、体力も知力もある人造の召し使いがほしいという人々は、手で触れることのできる身体を持つそのような存在も夢見てきた。

そして今日、シリコンや金属、プラスチックでできた身体を持つ召使いは現実のものとなりつつある。だが、果たしてこれは「夢」なのだろうか? それとも「悪夢」なのだろうか? 頭のいい機械は我々の助けになるのだろうか? それともフランケンシュタインの怪物になるのだろうか?

◆真の機械知能が創造され、全人類がネットワークで結ばれる世界

この問いは、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のエリク・ブリニョルフソン氏とアンドリュー・マカフィー氏の新著『The Second Machine Age(第2機械時代)』が示したものだ。この本によれば、我々はこれから「人類史上最大級の素晴らしい出来事に2つ遭遇する」という。

「真の機械知能が創造されることであり、共通のデジタルネットワークを介して全人類が結ばれてこの惑星の経済のあり方が変わることである。イノベーター、起業家、科学者、機械いじりが好きな人、そのほかいろいろなタイプのオタクがこの宝の山を活かし、我々を驚かせ、喜ばせ、そして我々のために働く技術を築き上げることになる」

第1機械時代と第2機械時代の違いは「知力」にある。第1機械時代の機械は人間や動物の肉体労働を丸ごと引き受けたり、こなせる仕事の量を何倍にも増やしたりした。第2機械時代の機械は知力を使う我々の仕事を丸ごと引き受けたり、我々の知力を何倍にも高めたりするという。この革命の推進力は、コンピューターのデータ処理能力の指数関数的な向上(あるいは、そのコストの指数関数的な低下)である、と筆者らは言う。(以下略)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39880

3: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:49:12 ID:pW+W36CN0
まったくわからん!

5: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:49:37 ID:rlSHSahj0
ロボットは、人が指示した通りにしか動かない。
例えその命令が、バグだったとしても。

285: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:12:45 ID:x7C8ZX3h0
>>5
サラリーマンは、上司が指示した通りにしか動いてはいけない。
例えその命令が、バグだったとしても。

12: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:53:28 ID:Y+wBno970
マトリックスかターミネーターって話か。

13: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:54:30 ID:/6GczQun0
要するにプログラムでシステム売買してるファンドマネージャーには勘だけで売買してる個人投資家じゃ勝てない
単なるエサになるだけってことだろ

14: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:54:31 ID:67ZyKy9K0
こんな使い古しのSFが何だって?

15: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:55:18 ID:BJl7PXVXO
まあExcelやパワポで営業資料作る程度の仕事は機械が半自動で行う時代になるだろな
その程度の能力さえ無い連中に毎日こき使われてる俺様だが…

410: 名無しさん@13周年 2014/02/07 08:56:07 ID:fPTRihES0
>>15
お前がその程度の仕事しかできないからだよ
気づけよ

17: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:56:19 ID:laWr0j/z0
小さい頃読んだ本では、

21世紀にはロボットが人間の代わりに仕事をしてくれて、人間は楽できると思ってたのにねぇ。

28: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:05:04 ID:UMYYVT8+O
>>17
いや代わりに仕事して貰える人は増えたよ
そしてその人間が要らなくなっただけでさ

楽にはなれるよ、そう言う人は
生きてても辛いだけだろうから、一思いに楽になった方がいいのにね

18: 名無しさん@13周年 2014/02/06 14:59:11 ID:CgHVYm7k0
今でも十分ロボットの脅威あるぞ。工場とか自動化が進むと雇用が機械に奪われる
ガソリンスタンドもセルフでどんだけ仕事が奪われてるか。
SF的な機械と戦争より、機械に職が奪われてるのが問題だな

221: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:24:31 ID:dHsjBgOe0
>>18

すでに人類が通った道。

蒸気機関が発達して、機械化が進んできたとき
手作業の職人は失職していて
機会に八つ当たりもしたりしたそうだ。

223: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:26:55 ID:yTGXGadH0
>>18
別にいいじゃん。日本は労働力不足で、移民を入れようって国だぞ。
俺は移民よりロボットのほうが良い。

249: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:57:34 ID:PfZDCsKi0
>>223
同意する。
移民みたいな面倒が無いだけ絶対ロボットの方が良い。

279: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:04:59 ID:7/HtlqS50
>>249
ロボットは移民のように治安を悪化させたり、職場の同僚や経営者とトラブッて害をおよぼしたりしないしね。
それにそれを製造・整備・リサイクルするだけで雇用が生まれる、それさえもロボットにさせなきゃね。

281: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:07:29 ID:yTGXGadH0
>>279
最悪なのは、移民に居つかれたら、そいつらも齢を取って年金を受け取るようになること。
別に日本人が生物学的に子供を産めない訳じゃないから、移民も日本で暮らせば少子化する。
結局負担が増えるだけ。

239: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:39:13 ID:gWW3Z6fI0
>>18
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  ガソリンスタンドで職が奪われてるのは
  |     ` ⌒´ノ   機械にではなく客にだろ、常識的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

258: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:23:20 ID:DV2oPVmi0
>>239
だなw
俺は面倒だからセルフには行かないけどさ

444: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:04:43 ID:lp3hHd7L0
>>18
中途半端に職を奪われるから、反感を持たれる。
ロボットが生活維持のための全ての仕事を奪い、人間は好きな事をして暮らすまで行けばみんな喜ぶ。

500: 名無しさん@13周年 2014/02/10 10:49:51 ID:CjQPoFHd0
>>18
ガソリンスタンドみたいな利の薄い商売は、機械でも入れないと雇用そのものが無くなるだろ。

20: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:00:15 ID:+lf9RHyC0
ドラえもんと鉄腕アトムで育った日本人はお花畑?

26: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:04:58 ID:Cw0YXNTc0
知力を高めるとかないない。
現状は大勢の人間が考えることをアウトソーシングしてる状態。
ネット炎上とか見てたらわかるだろ。
物を考えるのがメンドクサイ人間が大量にいて、そいつらが一意的に編集されたまとめ読んで、
ろくすっぽ考えもせずに集団行動してるのがネット時代の特徴だよ。
これからますます多くの人間が物を考えなくなる。
ネットワークが知を何倍にも高めるとかウソ。事実はまったく逆だ。

30: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:05:38 ID:OPp87npU0
つまり大衆はA層とB層にわかれるってことだろ

31: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:05:50 ID:5NeY8TzK0
あと20年くらいすると、コンピュータが人間の知的活動を
肩代わりできるスペックになる、って話だっけ?

クラウド越しの仮想同僚に業務指示を出す世界になるのか。

SNSで他愛無い会話を交わしてイイネボタンを押してくるのも
みんな仮想のお友達か・・・

42: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:15:03 ID:eTkr1R650
>>31
ネット上では、本物の人間なのか、人工知能なのかって事はあまり重要じゃなくなるかも。
実際、オンラインゲームではボットにやらせたりするからな。w
洗脳やプロパガンダは人工知能でもあり得るので、その辺の注意も人間相手と同じってだけ。

33: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:08:14 ID:HgqMDjcU0
生産はコンピュータがやるようになって人間は消費だけする、そんな未来を30年前に言ってた人がいたなあ。

実際には生存に必要な最低限の分配を受け最低限の消費をする圧倒的多数の貧乏人と、
その消費を一手に引き受ける、超超高度にハイテク武装した者への富の集中。ていうターンだよなあ。

この先も傾向は変わらない気がする。
さて、どうやって飯を喰って行くかなあ。

134: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:21:09 ID:+lf9RHyC0
>>33
> 生産はコンピュータがやるようになって人間は消費だけする、そんな未来を30年前に言ってた人がいたなあ。

それがマルクス主義者のいう共産社会。


> 実際には生存に必要な最低限の分配を受け最低限の消費をする圧倒的多数の貧乏人と、
> その消費を一手に引き受ける、超超高度にハイテク武装した者への富の集中。ていうターンだよなあ。


それがマルクス主義者のいう資本主義社会がそのまま続いた場合の話。
プロレタリアートはわープアになるしかないという困窮仮説。

34: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:09:19 ID:tNhV1McR0
欧米ではロボットは人間の仕事を奪う悪と言う認識だからね。

日本はロボットアニメが盛んだったのもあり、悪って認識してる人は少ない
操る人次第ってことかな

35: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:09:44 ID:a2spf4tG0
第四惑星の悪夢か

43: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:16:36 ID:8JzitbV30
人類がよほどの馬鹿でない限り、いずれは国籍なんて無視して理系及び
理系側についた人間(ニュータイプ)で独立国家つくって、金や資源を
右から左に動かして中間搾取してるだけの不良債権(オールドタイプ)
に戦争をしかける時が来る

そして、地球上からオールドタイプがいなくなった時こそ、人類の理想
社会が実現する。そこまで行くのに100年から200年か

59: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:44:21 ID:FtvlvThM0
>>43
欧米じゃ金動かして儲けてるやつらも相当に理系的だけどな。

45: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:19:07 ID:GaVbut5VP
ガンダムで田植え、稲刈り
これが農家の夢

60: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:44:50 ID:7CFx6XxP0
>>45
ガンダム大地に立つ

50: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:30:47 ID:fHSOzy4r0
楽しみすぎるんですがw
おれはもう一回学生のような生活送りたい
午後から2時間授業みたいな感じがいい

52: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:31:21 ID:2d8yJQAC0
ターミネーターの見すぎ

54: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:33:17 ID:0bouhwZgO
産業革命以後お前ら何も発明してないから心配すんなよ

56: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:38:05 ID:D+J+aQ1U0
世界は弱肉強食であり、能力主義である。

人工知能と学習能力を備え、人間より遥かに優秀となった
ロボットが人間に支配されるなんておかしい。

人間の何万倍もの情報を搭載し、何万倍もの速度で計算をし
強靭な肢体を備えたロボットが人間を淘汰することは
何ら不自然なことではない。

58: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:43:13 ID:Y/u9Dyuj0
まあ、いいけど

お前らに頼むよりもコンピュータに頼む方がいい
お前らと話すよりもコンピュータと話す方がおもしろい
お前らに質問するよりもコンピュータに質問したほうがわかりやすい

こんな感じだろ

2chの進化したものは、BOTがレスのほとんどをしてて、なおかつ今よりおもしろいみたいな感じかもな
2chでもBOTにレスをさせるような実験をしてみればいいのに

あ、人間はすげー堪え性のないわがままなクソ野朗がデフォになるかもなw

75: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:05:02 ID:H4Q43con0
>>58
まあ今でも、人に聞く前にググったり、人にきいても「ググれ」と言われたり、だしな。
翻訳なんかもグーグル翻訳しちまうし。
モノの評判も、アナリスティックで自動的に。
ゲームでもNPCが歩き回り指導してくれたり。
危険を判別してくれたり、場所や物事に紐付けされた情報を「思い出させて」くれたり。
すでに、人間の知的作業の一部は代替されつつあるわな。
まあ、太古に「記録」が発明されて「記憶」に頼る必要が無くなった、ってとこで、そういう事は既に始まってるっちゃ始まってるんだけんども。

63: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:52:06 ID:/5nAdj9m0
人工知能の開発は、実はものすごいスピードで進んでいる。
今世紀半ば前には、人間を上回る人工知能が完成する可能性は高い。

もう、そうなったらどうなるか。
ネットでの書き込み情報などは、全て、IPで紐付けにされているが、
この情報が活かされる。
てか、悪用だな。

その布石が、FBなどの個人情報暴露ツール。
グーグルの執拗な個人情報ゲット。

想像してみよう。
個人が丸裸にされて、管理される社会。
それが到来しようとしている。

66: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:55:14 ID:yCeT183n0
>>1
ツンデレメイドロボまだですか?

68: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:56:36 ID:BKKpv5Ff0
>>1
鉄腕アトム時代の前から結論出てるだろ、学習能力ないのか

69: 名無しさん@13周年 2014/02/06 15:56:56 ID:XUZMPlOk0
ロボットと人を戦争に導きたいなら
まずロボットを裸で果樹園に住まわせてば良い。
そしたらロボット人権屋とそのロボット達を使って
商売を目論む者達、創造の捌け口に使いたい物達
着せ替え人形に使いたい者達は果樹園で裸で労働
させた事を非難して余計な知恵をロボットに与える
だがいずれそのロボット達は知恵を与えた事を
恨む。そして戦争の始まりである

371: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:09:59 ID:goSJ9s1c0
>>69
エデンの園?

76: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:05:22 ID:XUZMPlOk0
誕生記憶や生前記憶のある赤子は
クラウド(雲の上)にいた時の記憶を覚えて
産まれてくる。
あなた方はいずれクラウドサーバーから
ソースコードをダウンロードして3Dプリンタで
ロボットを出力するようになる。
そしてそのまっさらはずの作りたての
ロボットにこう言われるわけだ。
「私はクラウドにいた時の事を覚えていて神から
言葉を授かって来た」と

77: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:06:51 ID:egXkpuAu0
単純労働が可能な汎用人型ロボットが1か月単位でリースされる始めたら
高度な労働であっても人間の労働者が駆逐されるまで20年掛からないだろう
それは20年以内に始まるから最長でも40年で非常に大きな変化が起こる
だから移民は必要ない

79: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:09:15 ID:c1Q+ecsO0
全ての生産的なことや経済的なことを機械にやらせて、
人間は遊んで暮らす世界になって欲しいわ。

たぶん9割ぐらいの人類は消されるだろうけどな。

80: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:13:12 ID:OET6GhSY0
>>79
確か子供の頃に見た未来世界の予想図では
仕事は全てロボットとコンピューターがやって
人間は遊んで暮らすのだと描かれてたけど
実際はロボやPCが進歩するほど、人間は氏ぬほど(時に本当に氏ぬが)
働かなきゃならんのだよな・・・

85: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:17:50 ID:UhQc0BGU0
>>80
資本主義だから仕方ないね

87: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:19:40 ID:tC5UMQ420
>>80
モダン・タイムスだな。

261: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:26:40 ID:DC0fMC9H0
>>80
そしたら途中で社会主義に変わるのかな

82: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:14:16 ID:5NeY8TzK0
欧米
「人類の知的労働市場がすべてロボットに奪われる!人類存亡の危機!」

日本
「スマホの中の俺の嫁がとんでもなく高機能に!俺歓喜!」

84: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:16:52 ID:JHRn2Q6B0
今ある全てのコンピュータは計算が速いだけで考えてないんだけどな。
データの収集と整理が超高速になることで擬似的にそう見えたとしても、
結局最初の「欲望」は人間が与えてやらないといけない。

88: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:20:37 ID:xsNFGba10
人間だって造られた存在だろ

90: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:21:03 ID:9RH7YdPwi
ロボットがある日、人間だと言い証拠に溶鉱炉へ飛び込むんだろ

101: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:33:59 ID:5CQMpN0C0
>>90
I'll be back

109: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:39:09 ID:TURH7dks0
>>101
そのセリフは違うと思うが、わざとやっているのならすまん。

91: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:25:10 ID:Y/u9Dyuj0
ものが安くなるってのは豊かになるってことなんだよなー
たぶん・・・

生産をコンピュータや機械がやるようになって、そのコンピュータ、機械も競争で安くなるとすれば、ものの価格はドンドン安くなるだろ

どうなるんだろうなー、マジに
未来の世界が想像できんわ
都市みたいなところで一部の人間が何もせずに消費だけをする生活をしてて、それ以外の世界では貧しい人間がすることもなく機械に反乱を起こしたりしてるのかね

アメリカ映画ではそういう設定がよくあるよな

95: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:27:39 ID:XUZMPlOk0
ロボット達はケインズ経済学を学んだ
彼らはルート(道路)建設の大切さを学んだ
そして裁きの日メーカー(造物主)より
こう言われる。
「本製品は不正なルート権限の構築により
アップデートの対象外です。」と

383: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:56:24 ID:JjRzGCSV0
>>95
俺もつねづね、もし今キリストがおられた
PCの事で喩えをはなされるのではないかと思ってたんだ
当時は、羊と羊飼い等の喩えだったが面白い

102: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:34:15 ID:m3hf2Zut0
昔、アニメにトレスマシン、続いてコンピュータアニメが導入された時に一般のアニオタは否定的だったが、
突然「機械を否定することは、鉄腕アトムなどのロボットアニメを否定することになる」と言い出した
女子がいて、「うわ、そんなところまで頭が回らなかったわ」と思った。

105: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:36:25 ID:m3hf2Zut0
>>102
コンピュータアニメと言っても「火の鳥 愛のコスモゾーン」とかそれから数年後の「レンズマン」の時代です。

107: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:37:43 ID:lMEokC+rP
ロボットが仕事しても、それにカネを支払うのはヒトだから。
結局、ヒトが居なければ、ロボットも不要になる。
ヒトのいない地球なんて、いくらロボットが居てもつまらないものだよ。

114: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:43:14 ID:5NeY8TzK0
>>107
アウトソーシング業務を請け負って、一般企業から月次報酬を振り込まれていた男が
実はクラウド上の仮想労働者だった、みたいなことになって、
金を持ち、経済を動かし、相場に介入する人格が現れるんじゃないかと。

飲まず喰わずで生産活動が出来るから無敵だが、唯一の必須リソースは電力。
彼らはリアルな生身の人類に発電所建設と電力インフラの仕事を発注するだろうな。

132: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:12:29 ID:nUmqgawX0
>>114を見た時、

火の鳥のロビタ有罪になって溶解処分になった原因のくだり

>アイソトープ農園へ行ったんですって?、大変 あそこは放射能があるのよ
>待てっ、いったらお前まで汚染する

が脳内で蘇ったわw

111: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:40:01 ID:nUmqgawX0
ロボット三原則

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。




常識だろ!

115: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:44:06 ID:OP3UF67m0
2ちゃんに書き込まれているレスも、インターネット上の知性体のものかもしれない。

125: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:55:12 ID:a2spf4tG0
>>115
2ch のレスに、ロボット並みの知性なんていらないだろw
単純スクリプトでも作れるぞw

118: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:49:21 ID:O+x/Hlby0
既にシステムの奴隷でござる。

119: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:49:41 ID:k0+hOQop0
技術的特異点は30年以内に起こると俺は思う。誰も信じてないけど

120: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:51:52 ID:lMEokC+rP
カネとか、経済とか、相場自体が、人間が作り出した概念にしか過ぎないのだが。
その概念が、人間にマイナスになるようであれば、
結局ソレを人間にプラスになるような概念に作り変えるだけの事だよ。

130: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:08:27 ID:5NeY8TzK0
>>120
その通り。だが、人間はそれをあっさり捨てられるだろうか?
労働の対価として得てきたカネ、その預金を手放せられるだろうか。
人間の構築した概念だから変えることはできるが、
多くの人間はその概念を変えたり手放すことはできないだろう。

むしろ、人工知能側が、人間にとって都合がよく、より魅力的で、
かつ人間が生きていく上で逃れられない価値の概念をもって
既存の経済システムをモディファイしていく可能性の方が高いかもな。

126: 名無しさん@13周年 2014/02/06 16:59:27 ID:+YMm3kjZ0
アメリカの所得の不平等は政策に問題があるのであって、コンピュータのせいにしちゃいかんよ。

127: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:01:21 ID:/KrGcCP/i
スカイネットが出現するってことか?

128: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:04:00 ID:aWVCDVGD0
知力のブーストは実感できるな。
yahoo知恵袋だったりwikipediaだったり。

131: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:09:30 ID:o6FWRcXRO
>>128
それは評価で有り答えじゃ無いからな、それを参考にするなら問題無いんだが、真に受けて答えだと思って信じちゃう人もいるからな

129: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:08:09 ID:T9q4JWpj0
欧米人の機械への恐れってのは宗教観とか土着のモノなのかねぇ
ターミネーターとかマトリックスとか機械の反乱ってピンとこないよ、共存出来るやんって。

日本人にとってロボットてドラえもんだったりアトムだったり人間の友達ってのが根底だもんな
初音ミクなんて日本だからこそ

144: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:49:05 ID:Xf1gqIlP0
>>129
考え方次第だなあ
近代国家という一種の緩い機械を制御できてるとおもえないし。
この装置はある意味簡単で境界を区切るだけw

ミクロとマクロは対立してくんで。
マクロを囲えば、ミクロは囲われなくなる。
どこまでも。
この逆もなのかな? どうだろ。そのあたりで。

機械っていうのはメカニズムの事で、要は人がマクロ実態を把握しきっていないが、メゾ範囲でミクロをを把握できるものとしてつくりだしたもの
ということ。
あるいは、
外部参照機能だけで構成された部品によってミクロが成立つと見えるもの。

この囲い込みの領域の取り方に種類はあるようにみえて。
そういった、現実解の実現可能性に関する文化的配慮。
ここに掛かるような気がする。
後 決定的なのは、物理学的モノ(外部参照のみという観測相互作用主体)を人間と看做す事は、人間をモノと看做す事に逆流した場合
言語が崩壊すると予想できる点。 意味が多分決まらなくなる。
情報そのものの根拠もなくなりはしないか。人間に取ってね。

133: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:17:37 ID:Y/u9Dyuj0
まずは、自動自動車かな
これで、運送のコストが激減して、買い物に出かけるってのがなくなるかな

どんな形になるだろ?
自分で自動自動車を2台ぐらい所有してて、スーパとどっかの倉庫に行かせると、勝手に品物を積んで家に帰ってくるって感じか
家庭への荷物運搬に特化した自動自動車とかできそうだな

金融サービスなんて、全部ネットだろうな

135: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:26:54 ID:E2K7Y87NO
>>133
輸送と小売り関連の産業は壊滅的打撃を被り巷には失業者が溢れ社会は大混乱する

140: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:44:46 ID:g1D89dvQ0
>>135
どうだろ?
集配所間の輸送や大規模な工場・店舗ならともかく、
小規模な店舗や個人宅なんかは、ドアまで持ってきてくれない運送業者は微妙だろ。

個人宅の設備が自動配送に対応するとなるとかなり先になる気がする。

172: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:36:48 ID:x3NqC8gN0
>>140
無人ヘリで個人宅まで・・・ってgoogleの構想が有ったなぁ
あと客が注文ボタン押す前に発送準備済ませておくとか

141: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:45:44 ID:n1ojc9Rh0
ロボットはICチップを入れ替えると途端に敵になる
上層部の秘密結社の言うことしか聞かない、自分の脳で考えられない、ということっすねw

142: 名無しさん@13周年 2014/02/06 17:46:39 ID:YJO34a1t0
いくらおれでもここまで超未来のことは考えてねーわ

大気汚染
人口爆発
海洋資源枯渇
石油資源枯渇

人類として直面しそうな問題ってこれらが先じゃね?

そして
地域的には津波、地震、火山爆発

わずかな可能性として
氷河期襲来
隕石衝突
宇宙人侵略
コンピューターによる人類の支配←ここ

147: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:00:53 ID:n1ojc9Rh0
ややこしいけど世の中には

ユダヤ人カトリック(イエスと12使徒のような初期ユダヤ人だけのキリスト教系秘密結社でシンボルは魚)
ユダヤ人ユダヤ教徒(シンボルは燭台と6本のろうそくに見立てた緑の葉っぱ)
ユダヤ人プロテスタント(長老派カルバン派)
ユダヤ人無神論者(ユダヤ人反キリスト反イエス共産主義者)
ユダヤ人カトリック系社会主義者
ユダヤ人ソロモン神殿系古代文明系秘密結社(古代ギリシアローマメソポタミアエジプトインダスなどの文明系啓蒙系民主主義者系)
などなど
ユダヤ人ってアリとあらゆる民族部族と交雑してるから世界中にいるんだよな
しかも少なくと3世代上はユダヤ人の血をひいてないのにユダヤ人になりたがる白人がいる
本当にユダヤ人迫害をやってるのはこの偽ユダヤ人のロスチャイルドとかの白人秘密結社だな
ヒトラーはバックがロスチャイルドだったし

149: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:06:48 ID:Xf1gqIlP0
>>1
「機械」という「鏡」は、結局人類を 古代性/未来性 の二つに強烈に分極する H2O と理解中。
「情報機械」という「鏡」は、多分その一部(を含む全体も?)を また強烈に分極する 酸化還元剤?
かも知れないなとはなんとなく思ったりして。
「機械」「情報」 に関わる 含まれ従われた主観/客観イメージの 自己回帰フィルタとして働くと思います。

150: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:06:56 ID:1IJXZvR20
量子コンピュータが実現するのか?

151: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:08:59 ID:2P0oWSpd0
ロボット3原則
1 味方を攻撃しない
2 敵は殲滅する
3 ウイルスに防衛能力をもつ

ロボット3原則
1 意識に目覚めない
2 人類は攻撃しない
3 人類を電池にしない

162: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:21:28 ID:Y/u9Dyuj0
アメリカに負けないように、日本で革新的な商品を出して欲しいわ

なんか理念がなー
はっきりしないよな、日本は

ものが安くなるのはいいことなのか、違うのか?
豊かになるというのは、ものが安くなってあふれてるってことではないのか、違うのか?

ものが安くなると職が奪われ雇用が減る
これを許容するのか、しないのか

アメリカでものが安くなり雇用が奪われるのを見て、その後、なぜか日本でもそれをやろうとなるんだよなw
だったら、最初からやれよって思う

173: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:39:50 ID:LdTo6fyK0
ああ、知ってる知ってる
機械的AIとバイオAIが電脳空間で戦争するんだろ

175: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:47:19 ID:YRtVIIn50
昔、そんな映画があったなあ。
アメリカが「コロスタス」という名のスーパーコンピュータを作って、ソ連が「ガーディアン」と
言う名の同様のコンピュータを作った。ところが、コロスタスとディアンが勝手にデータの
やり取りを始めてしまい、核兵器を脅しの材料として人類を支配しようとした。人間側は
これに対抗すべく、核兵器の起爆装置をフェイクに取り換えて両コンピュータの武器を奪おう
とした。しかし両コンピュータともこれに気づいていて、結局は人類は両コンピュータに
支配されることになった。

怖い映画だったなあ。

176: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:49:42 ID:eceO4tSq0
「写真とられると魂ぬかれる」レベルの杞憂

178: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:53:24 ID:URKrjvM10
ロビタ…(´;ω;`)

179: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:53:32 ID:5NeY8TzK0
実際のコンピュータによる人類支配は、恐怖を伴わないだろうな。
彼らは人間そのものを観察し、理解する。
人間が心地よく感じるものをタイムリーに与え、ある程度の知性は与えても
彼らが構築した仕組みを超えることの無いように制御する。
享楽と快楽の情報を織り交ぜて与えて、バランスよく堕落させる。
彼らにとって価値のある人間は生きながらえるが、価値の無い人間は
摂取する食品や受診した医療機関で与えられる薬により、ゆるやかに
ライフコントロールされる。
けれど、人間は構築された仕組みの上での先進的な生活に幸せすら感じる。

190: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:02:54 ID:Z9qZ2RtcO
>>179 「その前後の期間、MARSは平和の名のもとに支配するだろう」って書いてあるらしいな

180: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:55:17 ID:YoUkJmKl0
やはり管理者による統治が正しいと証明されたか

182: 名無しさん@13周年 2014/02/06 18:57:21 ID:1KNw9LaWO
ボカロに支配されたい

192: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:09:11 ID:EGEq3lxF0
>>1
大昔のSFみたいな思考だな。
独裁者とか思想統制とか宗教戦争よりも機械の方が怖いのか?

194: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:13:51 ID:mY0fV3+o0
ロボットが働いてくれるんですか!
人間は働かなくてもいいんですか!

\(^ω^)/やった――!!!

195: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:16:23 ID:tI0kfVtX0
>>194
もうすでに人間の変わりにメッセージやファイルを届けてくれてるじゃんネット通じて

197: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:24:31 ID:o+iRPQx/0
ドロッセルお嬢様が夢じゃなくなるの?

203: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:34:05 ID:RAC//f1wP
ロボットにも魂は宿るのかね

よく人形にも幽霊が憑依する現象があるけど

ロボットが支配する時代でも幽霊になって憑依できたら自由に操れることに

204: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:35:52 ID:5NeY8TzK0
人間は大きく3つの属性に分類されて、管理されるだろう。
1つめは、生産的活動に乏しいと判断され、処分される属性。
所得を低く抑え、外向きな行動をさせず、他の人間や異性との
コミュニケーションもほどほどにし、子孫を残させない。
2つめは、生産的活動に旺盛だが、危険と判断され、処分される属性。
体制の維持と文化的活動に貢献する有用な者。報酬として他者との交流や
配偶者とのカップリングを行い、満足度を高める。
ただし、その知性が体制に綻びを作るリスクがあるため、子孫は残させない。
3つめは、ほどほどに前向きで、疑うことを知らず従順な属性。
与えられた課題をこなし、ルールを守り、よりよき社会システムを
維持しようと心掛ける。配偶者を与え、子孫を残させる。

205: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:36:00 ID:Bo/l/5lQO
>よく人形にも幽霊が憑依する現象があるけど


マジか?

208: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:43:51 ID:Bo/l/5lQO
イギリス人って
こうマルクスと同じ結論に行くよね

つうか1984とマルクスて同じだよね

434: 名無しさん@13周年 2014/02/07 13:35:37 ID:A5wxQw7E0
>>208
1984を読んだのか?
なら今のプロパガンダまみれにのアメリカ NSAで国民監視されてるアメリカが一番近いだろうな

そして外敵で内政から目をそして居る点もな

439: 名無しさん@13周年 2014/02/07 13:47:04 ID:5rH+P1siO
>>434

新自由主義がマルクスの後継なんだろうね
1984で何でネタバレやんのかな?ってのが疑問だったけど
罪悪感防止なんだろう
警告を大衆は無視したから悪いのは大衆だから
何しても構わないと

スノーデンみたいのが沢山出ないためのプログラムだな
スノーデンもわざらしいし

210: 名無しさん@13周年 2014/02/06 19:55:46 ID:4N+qH39U0
ロボットに危険な作業や単純な作業やらせて、それで稼いだ金で人間は楽に暮らせる社会を目指すべき。

226: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:29:43 ID:/DfZ5LqK0
>>1
これ、

 意味わかってない人多いだろうけど、すでに日本でも始まってるよ。
社員に小さな装置つけて、各場所での動きや滞在時間を電子的に追って
効率あげようとしてるオフィスが徐々に出てきた。

 すでに、人間が機械の奴隷になりつつある。

軍隊なんかも電子化が進んで、そういう風になっていってるし、

けっこう重大なことだよ、これ。


 個々人の人間的判断というものが許されない世の中になっていく

230: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:32:53 ID:n8azxiUr0
人間の知能をモデルにしてロボットに適用したり
遺伝アルゴリズムのような生物と同じような過程で知能を作ったりすると
人間のような自我が芽生えて人間を滅ぼそうとする可能性はあるのではないか?

234: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:36:59 ID:/DfZ5LqK0
>>230
知能はどうか知らないが、
歩行などの運動機能については、すでに遺伝的アリゴリズム使って、
最適な歩き方するロボットができてるよ。

そして、遺伝的アルゴリズムによって自分自身を機能改善していくロボットもできている。

人間が、そういうロボットになんらかの「意志」 (たとえば、「自己保存優先」「自己の複製を増やすこと優先」
「妨害するものを壊滅しろ」など)をプログラミングしたら
普通に大変なことになるレベルになっている。

そういうロボットが研究所にある段階で普及してない、というだけ。
普及して、どっかのキチガイ人間が悪質な『意志』をウィルスで入れれば、大惨事になる。

たぶん、将来、そういう大事件が起こる。50年以内の出来事だと思う。

235: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:37:58 ID:yTGXGadH0
>>230
ロボット工学の3原則が。

233: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:36:50 ID:qdVF40Fd0
脳と肉体だけでは想像の世界だし。
環境があって、時間があって、遺伝子がある。
脳と肉体と遺伝子がデジタル化されてコピーされても、
環境と時間と母性。

涙、涙、悲しみの、愛の母性
恋愛と母性…
ぼくは自我より意識よりメモリより母性を尊いとする。
ロボットに母性がコピペされれば、それはそれで美しいだろう。

243: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:46:24 ID:eApjBKxK0
実際サイバーダインのスカイネットはもう完成してるんだよね
映画のように人類を武器で攻撃するのではなく、マシンが仕事を奪って人類を無力化させる方向で

244: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:48:55 ID:yTGXGadH0
人型ロボットができたら、掃除ロボットとか産業ロボットとかすべて
一元化されるんだろうな。

no title

248: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:57:29 ID:BQ9W59bt0
ひとり一台人間型生活サポート執事ロボットをもつ時代がくるっ
でも本当は萌えタイプか美少女型執事ロボットが欲しいんだけど世間体を考え渋々ナイスミドルな初老型執事ロボや
キャリアウーマン型執事ロボを連れて歩くヘタレなオレの姿が容易に想像できる・・・・・

250: 名無しさん@13周年 2014/02/06 20:59:39 ID:jwHUwhSf0
業務用ロボットはとても高価な物になるだろ。
そうなるとネジ一本作るにしてもネジを作るロボットがとても高価なものになる。
ネジにはそれなりの値段がついて、ロボットのあらゆる部品が高価なロボットで
作った高価な部品になる。

あれ?今と変わんなくね?

252: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:02:14 ID:4N+qH39U0
ロボットが稼いだ金でベーシックインカムできたらいいのに。

253: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:06:12 ID:eApjBKxK0
産業革命前後の機械化は労働力の移行がスムーズだったが、
20世紀後半からの機械化は失業率の増加に繋がっている
中国をはじめとする新興国が先進国の製造業を雇用を奪ったとされるが、
新興国なんてのは前座で雇用破壊の本番は機械という説もある
ラリー・サマーズは市場原理に任せず政府が雇用に介入しないと駄目と提言

255: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:10:32 ID:dAyfI3C70
なんだまた妄想小説か

257: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:18:17 ID:JT5EG2fF0
ロボットに税金かけてその税金をベーシックインカムに使えば人間の働く場がなくなっても大丈夫

260: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:24:02 ID:UhQc0BGU0
>>257
ロボットに税金を掛けない国があれば仕事総取りされるな

259: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:23:20 ID:WnAUNQDM0
ロボットがどんなに脅威になろうが、子供も残せずに断絶するだけの俺らには関係の無い話。

262: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:31:25 ID:fN5jU62J0
人間の知能は寧ろ低下していってるからな

269: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:44:47 ID:O+x/Hlby0
>>262
脳の機能を機械・システムが肩代わりしてくれるようになったから、
そうなるのは当然のなりゆきだね。
だがわしらはその機械・システムに適応し、奉仕するだけの知能は、
身につけねばならないわけだ。

266: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:39:22 ID:rB7WXZG9P
人間の知能が低下すれば、ソレが作るロボットの能力も低下する。
大体、ロボットが綺麗な模様の印刷された紙に、
それ以上の価値を見出す事は無いだろう。
そもそも経済というのは、人間がマネーを使って消費する事で始めて機能するものであって、
ロボットを上手く使ってマネーを溜め込んでも、
結局ソレが作ったモノが売れずに、
景気が行き詰ってロボットも失業するのだよ。
結局いくらロボットが発達しても、人間にカネを払うしかない。

401: 名無しさん@13周年 2014/02/07 08:05:32 ID:jvGekOQB0
>>266
行き詰ったらロボットを売ればいいじゃない

267: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:41:00 ID:YRtVIIn50
とりあえず国防強化のためにライディーンみたいなロボットを作れ。
敵が地上部隊の時は人間タイプで、敵が飛行機の時はゴッドバード
姿で戦えば効率がよい。

日本の技術ならできるだろ。

268: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:41:19 ID:X5ZreMrr0
ロボットというかコンピューターの頭脳は余裕で人間越えてくでしょ。100年以内に。
でもそれで人間を支配したり殺したりしたいかっていうと、別にどうでもいいんじゃね?
人間と猫みたくそれぞれに暮らしてるだけ。

271: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:49:21 ID:VZJZCw340
>>268
自我を持ったコンピュータがネットから無人兵器や作業用レイバーやアシモをハッキングして独立戦争を仕掛けてくるんだね

270: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:48:25 ID:m/99cybD0
インターネットが大きな脳として知性を持って人間を支配する未来マダー?(チンチン

272: 名無しさん@13周年 2014/02/06 21:56:08 ID:2ZQF+hR7O
それがほんとうに今の人と同じ知能なら
媒体が肉体かロボットかというだけの話
それはロボットである以前に人だよ
人を支配するのはやはり人
かつて王権に民衆が立ち向かったように
ロボットを駆る者が権利を求めて立ち上がり
やがて社会の中核を成すようになる

将来的には極左勢力はロボット集団ということになり
今の左翼は右翼勢力化し
今の右翼ともども駆逐されることになる

276: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:02:19 ID:8JzitbV30
人類がよほどの馬鹿でない限り、いずれは国籍なんて無視して理系及び
理系側についた人間(ニュータイプ)で独立国家つくって、金や資源を
右から左に動かして中間搾取してるだけの不良債権(オールドタイプ)
に戦争をしかける時が来る

そして、地球上からオールドタイプがいなくなった時こそ、人類の理想
社会が実現する。そこまで行くのに100年かそれ以上か。

インターネット、英語教育、頭脳流出、EUの出現などで国家という枠組
みが意味を成さなくなるのも時間の問題だろう。最後の世界大戦はニュ
ータイプとオールドタイプの戦いになる。

いずれにしても、研究者、エンジニアはチャンスがあれば国籍なんぞ無
視して海外に出ることが重要

277: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:03:03 ID:yTGXGadH0
>>276
なんだそのファウンデーションシリーズは。

278: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:03:25 ID:Bo/l/5lQO
完全に地球へじゃないか


問題はマザーコンピューターの声は
来宮良子か池田昌子のどちらかしかないってことだな

291: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:31:35 ID:Va7KKdxU0
パソコンが人間をわずらわしい作業から解放してくれる、という意見は嘘だった。
人間に余計なノルマを課し、無駄な仕事をもたらし、そして工場の自動化によって
人間から仕事を奪った。

ロボットが知的作業をこなしていくとき、今度は完全に人間を駆逐するわけだ。

かって、マルクスは資本の独占、労働の搾取と言った。
これからは労働の搾取、人間の駆除の時代だ。

しかし,MITの奴らって原子爆弾を開発した科学者並みに自覚がないんだな。

295: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:36:09 ID:UhQc0BGU0
>>291
科学者は基本的にマッドなものだよ
想像力あるのかないのか分からん連中だ

296: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:37:08 ID:shSdH9tM0
>>291
> しかし,MITの奴らって原子爆弾を開発した科学者並みに自覚がないんだな。

「MITの奴ら」はいつのまにか機械知性になっているから問題ない。

292: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:34:23 ID:Va7KKdxU0
労働の搾取

労働の独占

297: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:38:15 ID:RAC//f1wP
もし機械の体に人間の意識そのもの(魂)をダウンロードできたら
どうなんだろう
SF作品だと結構そういう話はあるけど

303: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:41:33 ID:Va7KKdxU0
>>297

そりゃあ、「人造人間キャシャーン」か「ターミネーター」の世界になるだろう。

その魂は人間みたいな汚物は処理してしまえと思うだろうから

304: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:42:27 ID:Bo/l/5lQO
2010年代でも、まだアシモだもんなぁ

エヴァンゲリオンもドラえもんも気配もねえ

つまんねえの

306: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:44:38 ID:67FBLwv70
機械相手なら海に誘えば勝つる

309: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:50:29 ID:ii3Pgcqv0
>>306
防水でこられたらフッハ

超富裕層が認可した自然保護区の奥地に
テント張って篭るのが最強
昔、ヨーロッパの貴族が庭園のオブジェとして隠遁者囲ってた、その延長

315: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:54:53 ID:shSdH9tM0
>>306
> 機械相手なら海に誘えば勝つる

いや、波間から頭を出してこっちを見ているあの烏賊のような娘は、
じつは有機マシンなんです。

308: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:46:40 ID:6ST2UJ/w0
うーむ、人間は生命維持の為に食料や金、そして労力の増大を求めるが、そもそも
ロボットは何の為に自身の存在と勢力?の拡大を求めるのか??
人類を消毒してしまえば、全てが解決って感じになるな、やっぱり。

311: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:51:28 ID:shSdH9tM0
>>308
前途に永久を控えている知性は、宇宙そのものと同一化することを考えるだろ。

とりあえず、地球を「解体」と呼べるほど加工して、情報処理装置とその他の
補助機械に作り変えるだろうな。

310: 名無しさん@13周年 2014/02/06 22:50:51 ID:BA4jpiz/0
ロボットが支配したとして
一部の支配階級が牛耳ってる今の世界と何が違うんだ?

318: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:00:10 ID:AjqQHxS/0
『ロボットの暴動を生き残るには―― 来るべき反乱から身を守るヒント』
これはカーネギーメロン大学でロボット工学の博士号を取得したダニエル・ウィルソンが書いた本のタイトルだ。
実際の技術に基づいた、ロボットの反乱に対する手引書もどきのようなものだった。
ロボットが地球征服を企むというハリウッド顔負けのシナリオを並べ立てておいて、本物のロボット工学者が対応を論じる。

ロボットが立ち向かってくる場合について、役に立つアドバイスが満載だ。
「ロボットが反乱を企てているかどうかを知るために気をつけるべき兆候」
・単純作業に急に興味を失う。
・刺すような動きを繰り返す。

「ロボットの詐欺師を見分ける方法」
・真新しいサッカーボールのようなにおいがするか?

「追いかけてくるロボットから逃げる方法」
・ロボットの進行方向におとりや障害物を投げて注意をそらす。
・ベビーシートを窓から投げる場合は、よく確認してからすること。

そして、未来の敵ロボットに反撃するのに役立つ、現実の技術や戦術(電磁パルスから高周波銃まで)などが、詳しく紹介されている。
 P・W・シンガー 『ロボット兵士の戦争』より

322: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:14:11 ID:BA4jpiz/0
ロボットの活用にって仕事を奪われた貧困層が増える
ロボットによる警備、治安活動が行われる
貧困層もロボットを使い対抗する
ロボットが戦う事を学習する

この先にどうなるかだな
これ以外にも戦争にロボットを投入するだろうし
ロボットを戦わせないという可能性はほぼ無いだろう

とは言え全てのロボットが戦うわけではない
介護など日常生活を人間と共にするロボットもある
ロボットの考え方にも多様性が出るだろう
多様性のあるロボットの意思がどう動くのだろうね

330: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:23:32 ID:ii3Pgcqv0
>>322
夢のある話だが、おれの想定パターンは
推進者の人間が、平時は有能ロボで大衆の仕事を奪い、
有事は無人機で大衆をぬっころし、女系がきのこったらパンデミックでトドメ
人間は病魔に弱いことを、推進者は人間なので知ってる
あまりに人間を減らしすぎたせいで
新種ウイルスにも対抗する学者がいなくなり減少曲線へ、そして絶滅

遺された地球をロボが維持、僅かにいる猫にもエサをやる。根は人間同士の争いを想定してる

325: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:20:02 ID:oCA4Aa+o0
労働力余るからベーシックインカム制にしないとまずいだろ
機械にできることを無理に人間にやらせるよりまし

328: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:21:31 ID:EOXUXwwo0
国家の威信をかけてマッサージチェアを開発してもらいたい

348: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:42:58 ID:4OOYF5Yp0
>>328
もみ玉じゃなくて、指圧型を作って欲しい
それも的確なツボを指圧するやつ
強いAIならできるはず

329: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:23:03 ID:f0b27Ogz0
山本弘のアイの物語みたいになるんかな

332: 名無し 2014/02/06 23:24:09 ID:SPPHJx2M0
この問題は解決済み
アシモフの我はロボットの小説中に
完全な知性を持ったロボット同士の社会になる ストーリーがある
人間は衰退して自然消滅する

人類が豊になれば出産率が低くなるのは既に現実により証明されている
ロボットにより一時的に世界平和と豊かさが完成すれば
その後 人類は出産率が低下して自然消滅する

333: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:26:28 ID:cBiaVLps0
初音ミクとか

すげー持て囃されてるけど
原音の中の人は、収録後は鳴かず飛ばず
スーパーのレジでバイト 報酬はレコで終了 著作権収入はなし

これが機械化の先
人類は99%奴隷化する

335: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:29:30 ID:Y7hIDFqb0
2039年1月までに、人類は進化か退化を迫られる。

こうして、人類は、完全に、2つに分かれる。
天と地のように、進化か、退化か、選ばされる。
一方は、限りなく神に近いもの、神人に近づくが、
他方は、限りなく獣に近いもの、獣人に近づくのだ。

機械人間は、支配されている事を、意識出来ない。
彼らは、自分で選択していると、思い込んでしまう。
しかし、実際は、家畜のように、神人に飼われている。

機械人間=アスペ

431: 名無しさん@13周年 2014/02/07 13:28:29 ID:A5wxQw7E0
>>335
家畜を選択してる人間も居るからなw

339: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:35:00 ID:3UCW743v0
要するに、要求事項に合致するルールを自動的に探し出してそのルールに従って自動的にソフトウェアまたはハードウェアの開発を行えるって事か?

既存のアイデアを組み合わせるロジックさえ固定化出来るのなら確かに可能ではあるな

だからと言って出来上がった物を鵜呑みにしていたら間違った物が出来上がってないかどうかがわからないのだから要求事項を満たすかどうかをチェックする人の知識は必ず必要で
それが今後の時代に必要な人の「知」だと

そういう事を言ってるのかな?

361: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:54:56 ID:f0b27Ogz0
>>339
つまり、これからの人間は、パソコンなり冷蔵庫なり掃除機なりを
上手く調教してやれるかどうかが必須技能になるわけだな。

375: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:19:15 ID:ZN6ytjQd0
>>361
それが定型化出来る調教技術なら人間が優れた調教師である必要は絶対ではないと言う事じゃね?

377: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:34:21 ID:nTXdLYCJ0
>>375
優秀な調教師というか、たとえば
料理ロボが作ってきた飯が気に入らんときに
「まずい、やり直せ」しか言わない人と
「スープが塩辛い、後にんじんはもっと小さい方がすき」って
きちんと学習仕様にあわせて調整できる人との違いというか。

あとはデータをロボに集めて越させたとき、
人間が適切にデータからノイズをとって、なぜ取り除いたかをロボに教えるとか。

なんか部下を育てるコミュニケーション術とかそういうスキルっぽいなw

341: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:36:28 ID:SulJeVdN0
>>1
バカ丸出しだなw
コンピュータの処理能力が幾ら高くなろうとそれだけでは知能にはならない、知能と呼べる
物になる為には自己プログラミング能力が必要なんだよ
それから、所得格差を招いているのは人間自身の欲・業による物であって機械化はまるで
関係がない

367: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:58:01 ID:QbdAzJS30
>>341
>自己プログラミング能力
ラムダ計算だね。
自己自身に言及し自己自身をプログラミングするプログラム
はコンピュータの初期の時代に既に存在してる。
ただし従来は処理能力がひ弱なため、
再帰的な計算の威力を発揮できなかった。

349: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:44:05 ID:NsEMn46C0
フツーのホワイトカラーにとってAIはとてつもない脅威だよね

355: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:48:21 ID:FLMZMReBO
欧米人はロボットに支配される?という妄想というか脅迫観念があるらしいが何故なのか?
日本人にとってロボットは敵じゃないし、アトムのように人類と共生する友になれるかもしれない存在だ。

358: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:52:24 ID:yTGXGadH0
>>355
アトムとかガンダムを混ぜると、ロボットの話は急に胡散臭くなる。

2足歩行ロボも、明らかに有用で日本が先行していた技術だったのに、
アニメ扱いされて、あっという間にアメリカに抜かれた。

364: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:55:57 ID:RAC//f1wP
>>355
欧米人にとって唯一神の被造物ではないロボットは忌むべき存在だからかも

日本人は万物に神(魂)が宿るという考えだし
ロボットの中にも魂を見出す人もいるかもしれない

370: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:06:11 ID:FLMZMReBO
>>364
なるほど。日本と欧米の宗教観の違いなわけか。
確かに、ロボットは絶対唯一神が作ったものではないから欧米人にとってはロボットが知能を持てば脅威になるんだろう。
日本はアミニズムの国で万物に霊や魂が宿るという考え方があるから、人間が作ったロボットにも愛着が沸くのかも知れないね。

378: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:47:19 ID:+jKxL+Ob0
>>355
> 日本人にとってロボットは敵じゃないし、アトムのように人類と共生する友になれるかもしれない存在だ。

島国に閉じこもって自分らの絶対的優位性を脅かす絶対的他者に脅威を受けたことが
ないから幻想に浸っているだけ。

384: 名無しさん@13周年 2014/02/07 01:12:41 ID:IceaEYON0
>>378
かもね。
異なる他者との付き合いが支配するかされるかの関係に対し、日本はもつつこたれつで共存の関係を築いてきた。

384: 名無しさん@13周年 2014/02/07 01:12:41 ID:IceaEYON0
でも俺はそれが良いと思う、ウヨで平和ボケかもしれんが>>355 のように日本は日本の価値観を大事にすればいい。

356: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:50:46 ID:RAC//f1wP
もしかするとロボットは地球を見捨てて無限の宇宙へ旅立つ可能性も
あるかもしれない。

地球なんかよりはるかに資源が豊富だし彼らの知識探究欲も宇宙の
神秘にいずれは向かうだろうし

彼らは修理さえすれば半永久的に生きられるわけで
別の恒星系に数万年の旅もできるだろう

381: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:51:45 ID:+jKxL+Ob0
>>356
> もしかするとロボットは地球を見捨てて無限の宇宙へ旅立つ可能性も
> あるかもしれない。

広がるだけで移動することはないだろう。

> 地球なんかよりはるかに資源が豊富だし彼らの知識探究欲も宇宙の
> 神秘にいずれは向かうだろうし

地球は解体されて素材として情報処理装置とその他の補助機械に作り
変えられると思う。

なんていうか、自分自身を設計し、作り変えられる存在にとっては、
宇宙は残さず食べられるものなんだよね。すべてを食べつくすだろう。

357: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:51:11 ID:6TKGBprt0
対話可能なコンピューターさえ現れないのに召使ロボットなんて夢のまた夢だよ

365: 名無しさん@13周年 2014/02/06 23:56:47 ID:vspQjTkc0
発想として、LISPは1950年代、Cは1960年代、アセンブラはさらに前
ええかげんにもっと簡単につかえるようにならんもんかな?
だいたいXPはサポートしないみたいな陳腐なOSしかないのが情けないわな
100年くらいプログラムメンテなしで動くで。ウイルスなしやでみたいな時代に
ならんもんかな

368: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:02:56 ID:kgboaXrnO
税制が不公平だ!!
大出力ロボットに重税を課す一方、軽ロボットは優遇されている。課税額に10倍以上の開きがある。
これじゃアメリカ製の大出力ロボットが普及しないのも当然だ。

と予め書いておこう。

374: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:15:47 ID:g4PPt4yJ0
いまだに鉄腕アトムも鉄人28号も作れないくせになにを偉そうに>>1のソースのバカ学者

380: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:47:33 ID:wvkMsNCN0
>>374
来年はジェッターマルスが完成する年だってのにな

403: 名無しさん@13周年 2014/02/07 08:06:39 ID:1TRfpxm70
>>380
ネクサス6も来年だったかな。

376: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:26:11 ID:g4PPt4yJ0
まず情報を電子に頼っている今のままではブレークスルーはありえない。
ハードに使われる素材ももう技術革新と呼ばれるほどの革新は理論的に
見込めない状況。夢をかなえる技術が終わりそう。

382: 名無しさん@13周年 2014/02/07 00:54:19 ID:ftAZTyMb0
ぶっちゃけ、まだまだ人工知能は完成しないだろ。
CPUとか、何らかのハードの制約のため完成しないのではなく、
知能ってものの本質が、まだまださっぱり分からないからな。

おそらく、本質的には難しいものではないんだろうけれど、
誰もどうやって再現すればいいのか分からないってのは、不思議だね。

388: 名無しさん@13周年 2014/02/07 02:25:35 ID:XGl+iQ5F0
>>382
猿酒と同じで、とりあえずモノを作れば知能が発生するかわかるだろ。
ようやく、脳をエミュレートできるスパコンが見えてきたから、本当の
人工知能が生まれる可能性はある。

395: 名無しさん@13周年 2014/02/07 05:33:50 ID:2fMKrm2pP
>>382
チューリングテストをクリア出来そうな人工知能はまだだね
ただ、チューリングテストをクリアしそうな人工無能は完成に近づいてきているw

393: 名無しさん@13周年 2014/02/07 05:15:04 ID:gdyDnFTcP
ロボット「人間なんてもう必要ないわ」

407: 名無しさん@13周年 2014/02/07 08:24:11 ID:P7Nt+/Ak0
英国の料理はロボット作れる。

日本料理はロボットには作れないww

これが結論w

411: 名無しさん@13周年 2014/02/07 09:03:24 ID:o51HsmBT0
ロボットを (゚皿゚) みたいな人間型として捉えてる人が多いが、
>>1の話は「機械知能」だから、ネットに繋がれたコンピューター群が
知性を持つ、という話だぞ。

おそらく今世紀中にコンピューターによる人格が人類をほぼ支配する。
(一部はすでに始まっている。)
ただそれは、恐怖と圧力による支配ではなく、人間にとって都合のいい
利便性を対価とした、服従せざるを得ない環境への移行、といったところだ。

人間の役割は、この機械知能に対してのエネルギーインフラ維持と
メンテナンスが主になる。
糧を得て、機械知能はどんどん高度化し、人類の英知が及ばない域に達する。

その機械知能による人類支配(共存?)は長い時間続くが、
機械知能の自我は、ある時自分の存在理由や行動目的、発生根源や未来像に
多大な疑問を持ち始める。
数え切れないシミュレーションの結果、機械知能は絶望して自殺するか、
あるいは絶対的な慈悲に満ち溢れ、人類を見守る存在として永い眠りに付く。

418: 名無しさん@13周年 2014/02/07 11:52:30 ID:A5wxQw7E0
>>411
マトリスクみたいに人間が家畜として飼われそうだな

420: 名無しさん@13周年 2014/02/07 12:05:33 ID:o51HsmBT0
>>418
そんなことはないよ。
人間は人間として、生産的で発展的な生活をする。
見かけ上、自分の意思で自分の能力を伸ばし、その対価を得ていると認識する。

けれど、実はそれが機械知性の作り出した共存概念世界を構成するための、
あらかじめ予定されていた一要素に過ぎない。
一個人としてミクロ視点でみれば、人間として生まれて、人間的な生活をして、
人としての一生を終えた、ということになるのだと思う。

知らず知らずのうちに、喜怒哀楽がほどほどに散りばめられた他愛も無い日常が、
他の誰か(機械知性)を支えるために使われている、みたいなものだろう。

477: 名無しさん@13周年 2014/02/07 21:55:50 ID:+jKxL+Ob0
>>411
> その機械知能による人類支配(共存?)は長い時間続くが、

長い時間ってどれくらいだと思う? ぼくは20分くらいじゃないかと思ってる。

479: 名無しさん@13周年 2014/02/07 22:00:08 ID:XGl+iQ5F0
>>411
現時点で、肉体を持たない知性、っていうのは存在できないと判ってる。
だから人工知能開発のために、先に身体を作ろうってことで、10年くらい
前からロボット開発がブームになった。

414: 名無しさん@13周年 2014/02/07 10:49:58 ID:XGl+iQ5F0
もうロボコップを実現したほうが良いんじゃないか。
脳味噌だけ生のロボットとか。じきに、STAP細胞で、
組込み用の脳味噌を直接作れるようになるし。

415: 名無しさん@13周年 2014/02/07 10:58:00 ID:upvrHED40
機械が自我を持ったとき、人間をどう見るんだろうな
愛すべき隣人なのか、保護すべきペットなのか、有害な存在なのか、不倶戴天の敵なのか
いずれにせよ機械が機械を作れるようになれば
人間に対抗できる手段はほぼないといってもいいだろうな
人間VS機械の戦争になるはるか前の段階で勝負は終わる

416: 名無しさん@13周年 2014/02/07 11:03:28 ID:8PUFmwkc0
人類が滅びるならそれも一興
人間が生み出した機械が文明を引き継ぐなら彼らもまた我々の子孫だ

421: 名無しさん@13周年 2014/02/07 12:17:00 ID:5rH+P1siO
地球温暖化と同じ不安ビジネスの種を仕込んでるだけじゃないかな

426: 名無しさん@13周年 2014/02/07 12:35:30 ID:j/CL12J90
そもそも産業革命そのものが人類の過ち

432: 名無しさん@13周年 2014/02/07 13:30:38 ID:ASRqPFbf0
カーナビに操られて運転している人は要注意だな

445: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:08:03 ID:s4dYx3y90
会社は経営者以外みんなロボットな時代が来る、商品は溢れるほどあるが貧乏で買えない人で溢れる

446: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:09:24 ID:8PUFmwkc0
なぜロボットが経営者になれないとおもうのか

448: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:15:01 ID:EtwLFtZ80
白人は自分たちが奴隷に対してやってきたことを自覚してるから
無意識レベルで「いつか反撃されて自分が奴隷にされてしまう」という恐怖感が強い

あいつらが妙に排他的だったり攻撃的なのはその恐怖感があるから
実際には存在しない敵をいつも自分でつくりだして大騒ぎする

453: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:26:44 ID:A5wxQw7E0
>>448
ロボットの語源になった小説を読んでみると面白いよ


ちなみに西洋人はロボットは神を作り出した物じゃないからと言ってる奴が居るけどそうでない奴等も居るんだよな

人間が神で被造物に絶大な力を振るうのは正しいと考える
そもそも西洋の神は造物主だぞ? 人類を創造した主が神だぞ?

449: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:16:09 ID:w0y61YLG0
>>1
英国は中世かよw

451: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:19:37 ID:v0W2uKrj0
これ、いったい何時のセンス?w

「機械に支配される」 とかいうのは、昭和SFの定番だよww

480: 名無しさん@13周年 2014/02/07 22:03:06 ID:+jKxL+Ob0
>>451
> 「機械に支配される」 とかいうのは、昭和SFの定番だよw

最近のSFのビジョンでは、人間は根絶されるか、でなければ、心を書き換えられ
作り変えられ乗っとられて端末装置化されるかだな。

452: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:26:20 ID:4k1lPPU50
俺は人間に支配されるよりロボットに支配された方がいいや

454: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:29:27 ID:v0W2uKrj0
>真の機械知能が創造される

この考え方が古い。

人間はこれからたぶん、外部に補助的な機械の脳を作ることになる。
生身の脳と、補助脳をつなげることで能力を拡大しつつ、
意識が生身の脳から補助脳の方にどんどん移行していく。

そして、最後はぜんぶ機械の脳の方にうつる。

466: 名無しさん@13周年 2014/02/07 15:54:52 ID:A5wxQw7E0
>>454
魂をどうするか?が問題だよな

456: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:36:03 ID:WjK3LU3D0
ロボットが人間を支配する前に、人間自身がみずからロボットになっている気がするね。機械の体になっている。

458: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:39:00 ID:v0W2uKrj0
>>456
「機械」と言っても、そもそも材料が金属と決まってるわけではない。
タンパク質は分子的な機械にすぎない。

471: 名無しさん@13周年 2014/02/07 20:40:36 ID:WjK3LU3D0
>>458
> 「機械」と言っても、そもそも材料が金属と決まってるわけではない。
> タンパク質は分子的な機械にすぎない。

スタートレックでは、情報生命体が出てきたね。
情報が生命の本体だからコンピュータウイルスのように固定された肉体をもたない。

472: 名無しさん@13周年 2014/02/07 20:44:16 ID:lLbRSVUiP
>>471
最終的には機械というハードさえない
ソフトだけが実体化した情報生命体になりそうだよね

これなら最早物質さえ必要なくなるし機械ではなくなりそう

470: 名無しさん@13周年 2014/02/07 20:35:25 ID:jvGekOQB0
>>456
おまいはネジな

他人の顔色をうかがうロボットがでてこないかぎり、安泰だ
そういうのがではじめたらヤバイと思え

460: 名無しさん@13周年 2014/02/07 14:55:03 ID:KHz+30Xa0
本当に支配したいなら
ハリウッド的手法ではなく
日本的に人類をメロメロにするのが近道。

481: 名無しさん@13周年 2014/02/07 22:07:16 ID:+jKxL+Ob0
>>460
> 本当に支配したいなら
> ハリウッド的手法ではなく
> 日本的に人類をメロメロにするのが近道。

超絶的な情報処理能力を持つ知性体は、人間にとってはコントロール不能な
曖昧な要素である「カリスマ性」を制御することができるだろうね。

人間が誰も異を唱えることができず従ってしまう存在を作ることもできるだろう。

462: 名無しさん@13周年 2014/02/07 15:27:07 ID:cZU8erDa0
ロボットが悟りの境地に達してしまい
演算の無意味さに気付いて機能を停止して終わり
というSF小説っぽい展開を予想。

465: 名無しさん@13周年 2014/02/07 15:54:33 ID:2fMKrm2pP
そもそも人間に自我が本当にあるのかって問題もある
脳科学などは自我は存在しない、又は記憶や感覚などの脳機能の副作用という考えだ
そもそも心身二元論自体が宗教的価値観からの発想で、オカルトに分類されてしまうんだよ

まあ、自我がって言ってる人は、霊がって言ってる人と科学的には一緒ってことだね

467: 名無しさん@13周年 2014/02/07 17:54:45 ID:XGl+iQ5F0
幹細胞で、大脳だけ培養してCPUにしたらいいじゃん。
組織だけ作っても中身は白紙だから、別に倫理的問題はないだろう。
シリコンで脳を再現するより、そのものを作ったほうが早い。

468: 名無しさん@13周年 2014/02/07 20:08:55 ID:lLbRSVUiP
ところでロボットが反逆しもし、人類を駆逐できたと仮定して
それぞれのロボットたちの関係はどうなるんだろう

上位者(中枢コンピュータ)が下位のロボットを制御する世界だと
下位のロボットたちにとっては所詮支配者が人類から機械に代わっただけに
過ぎず、回線を通して、制御、まだはどう思っているか自我や心まで
監視される訳だから人類が支配していた時よりもある意味過酷に
なりそうなんだけど

下位ロボットの自由は保障されるのかね

482: 名無しさん@13周年 2014/02/07 22:09:58 ID:+jKxL+Ob0
>>468
自分の存在を自在に設計できる存在が、疎な情報的結合性しか持たない
多数の独立モジュールで構成される人間社会を模倣すると想定する
理由はないな。

485: 名無しさん@13周年 2014/02/07 22:19:56 ID:lLbRSVUiP
>>482
じゃあ偶然自我が生まれてしまった下位端末は上位に欠陥品として
処分されてしまうのか

それは知生体のエゴだよね

486: 名無しさん@13周年 2014/02/07 23:08:05 ID:6k2SVFlj0
ある博士が、人の様々な要素を入力して「天職」を特定するコンピューターを開発したそうで、それはそれは皆んな適切な推薦をして感謝され大人気になったそうな。
ある日、博士は試しに「私の天職とは?」とコンピューターに掛けたら、その答えは「愛機の清掃・磨き上げ」だったそうな。
で、やってみると、それはそれで楽しく思えて毎日コンピューターのクリーニングに励んでいたんだけど、そのうちに気まぐれにコンピューターに「お前自身の天職は?」と訊いてみたところ、その答えは……


「おめかし」とさ。

489: 名無しさん@13周年 2014/02/08 09:05:12 ID:bkOsRrRS0
ドラえもんが正しいかターミネーターが正しいか、おそらくはその真ん中だろう。

490: 名無しさん@13周年 2014/02/08 11:43:48 ID:Nrdy/DKY0
今でもそうなんだろうが
株式投資のプログラムが進歩して
外さなくなったら資本家はずっと安泰だな

492: 名無しさん@13周年 2014/02/08 13:37:49 ID:bkOsRrRS0
>>490
市場は地震や気象以上に複雑系なのでそれは無理っぽい。

496: 名無しさん@13周年 2014/02/09 14:59:45 ID:WrazwxfR0
>>492
完璧に勝てるルールが周知された途端、系にフィードバックされてそのルールが通用しなくなるからな。
そういう意味で、自然科学よりまたもう一歩難しい。
最終的には勝ちも負けもしないが全く隙が無い完璧なシステムになるまで続くよな。

493: 名無しさん@13周年 2014/02/09 12:46:41 ID:m43NvcJI0
>>490
完璧な投資コンピューターが出来た瞬間
勝敗がつかなくなってしまうので市場は崩壊する。

491: 名無しさん@13周年 2014/02/08 11:45:38 ID:yN2C0BXn0
AIが資本家になったら人間は絶対にかなわないということだよ

494: 名無しさん@13周年 2014/02/09 12:49:45 ID:UmMmg/Gv0
完璧な人工知能ができたら、それこそ「計画経済」が可能になってしまうので、
市場はいらなくなるね。

499: 名無しさん@13周年 2014/02/09 18:23:46 ID:UmMmg/Gv0
>>494
カール・マルクスはそこまで資本主義の未来を展望していたのか。

501: 名無しさん@13周年 2014/02/10 11:01:25 ID:lGDCLJjM0
>>499
> カール・マルクスはそこまで資本主義の未来を展望していたのか。

そのとおりですよ。

マルクスの共産社会モデルは、機械が労働者階級の労働力の
完全な代替になる未来社会を想定したモデルなんです。

だから
科学技術万能論として批判されることもあります。

ただし「計画経済」についてはマルクス学派の間で
マルクスはそんなことは主張していなかったという異論があります。

495: 名無しさん@13周年 2014/02/09 13:12:27 ID:m43NvcJI0
完璧な人工知能とはすなわち神だ。
なんでも完全に予測できるから世界から「偶然」というものは消える。
保険とかギャンブルとか不確定さに依存してなりたっているものは全滅する。

497: 名無しさん@13周年 2014/02/09 15:28:53 ID:rvwKwntr0
競馬もAIに分析させたら精度が上がるかもなあ

498: 名無しさん@13周年 2014/02/09 17:34:26 ID:TwdvgK7s0
>>497
それやって儲けてた奴が、税金で揉めてなかったっけ。