1:
コンサルタントをやっていた頃、良いか悪いかは別として、採用に関して「地頭の良さ」を重視する風潮があった。

地頭の良い人間は一定の訓練でそれなりのコンサルタントになる。 だが、お世辞にも地頭の良いとはいえない人間は、いつまでたっても一人前になれなかったからだ。

実際、私が20代半ばで所属していた部署では、中途採用にあたって「学歴」をさほど重視していなかった。

重視していたのはとにかく「地頭」だ。

ある応募者は、「高卒」で「自動車整備工」になり、そして「先物取引の営業」に転職、そして最後に「漁師」という経歴を持っていたが、彼は採用された。

彼の言動は、地頭の良さを十分に感じるものであったからだ。

彼の業務経験の貧しさは訓練でなんとかなる、皆がそう思ったのである。

彼はその後、会社に大きな貢献を残し「支社長」まで努めたのだから、その時の判断は間違っていなかった。

この「地頭」の正体について、私はずっと気になっていた。

地頭の良さとは一体何なのか。

そんなことを考えていたところ、ある方から佐藤優氏の本を読むことを勧められた。

佐藤優氏は元外交官であり、いわゆる諜報活動(スパイ活動)を行っていたことで知られる。

著作の中で、佐藤優氏は、諜報活動を「インテリジェンス」と呼び、情報(インフォメーション)の入手と明確に区別をしている。

氏が言うには、インテリジェンスとは「ありふれた情報(インフォメーション)から、より深い意味や意図を読み取る行為」である。

例えば、彼が「インテリジェンスの氏」と仰ぐチェコ人のマストニークという人物がいる。

このマストニーク氏が佐藤氏に向かって言ったフレーズが、「インテリジェンス」の本質をよく示している。

「新聞を馬鹿にしないことだ。『プラウダ』(ソ連共産党中央委員会機関紙)と『イズベスチヤ(ニュース)』(ソ連政府機関紙)に掲載される共産党中央委員会や政府の決定、社説については、どんなに内容が退屈でも、必ず赤鉛筆で重要事項をチェックしながら読むことだ。

そうそう、モスクワではチェコスロバキア共産党機関紙『ルデー・プラーボ(赤い正義)』も購読できるので、同じように赤鉛筆を持ちながら読むことだ。半年もすれば新聞の行間から何が実際に起きているのかが読み取れるようになる」

マストニーク氏からこの晩に聞いた助言は、モスクワで私がロシア人と付き合い、ロシア人の内在的論理を理解する上でとても役に立った。

自壊する帝国 (新潮文庫)

マストニーク氏は「新聞の行間から、実際に何が起きているのか読み取れるようになる」と指摘している。

私は膝を打った。

これこそが、「インテリジェンス」の本質、ひいては「地頭」の本質ではないだろうか。

つまり「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。
http://blog.tinect.jp/?p=48982
スポンサーリンク


このスレッドと同じタグが付けられてるスレッドを探せます。edit
ここの3000円取引ボーナスでレバレッジ888倍でFXやった結果ww

2:
泣く子と地頭には勝てない

196:
>>2
スレタイ見た瞬間に頭に浮かんだ文句が2レスで瞬殺されてた。

4:
禿頭の良い人と、そうでない人

5:
勉強できる馬鹿は奨学金返済出来なくて泣いてるんだろ
頭がいいやつはそんな借金背負わない

29:
>>5
あんたみたいに「勉強できる=馬鹿」と一概に決め付けるのもおかしい
どのくらい統計取ったか?

50:
>>29
勉強できる=馬鹿なんてどこに書いてある?
勉強できる馬鹿って言ってんのに勝手に文字間読むなよ

130:
>>50
なるほど、同じ情報量でも読み取るモノは人によって違う。

8:
3歳まで脳がどこまで育ったかの違い
一歳で保育園に入れる親は馬鹿

314:
>>8
人間は外、他人からの刺激で成長するんだぜ。

ママといっしょに毎日いると、確実に駄目な子になるよ~

9:
遺伝子だな

453:
>>9
これ

669:
地頭に差があるとして、それは結局の所、生まれつきの才能なんだし
それを理解できたとしても対策の立てようがないじゃないか

>>9
これは頭が悪いと思った

https://wired.jp/2009/04/13/%E8%B3%E3%AE%E5%BD%A2%E6%90%E3%AB%E8%B2%A7%E5%9B%B0%E3%84%E3%B9%E3%88%E3%AC%E3%B9%E3%8C%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%E8%A8%E6%B6%E5%8A%9B%E3%92%E9%BB%E5%AE%B3/
>脳の形成に貧困やストレスが影響、記憶力を阻害

やっぱり育ちが悪いと脳が損傷しやすいんだよ
富裕層が知能で有利になる原因の一つだ

673:
>>669
自分の地頭が悪く、各能力が低いとしても、幅広い能力がありマルチタスクが可能でコミュニケーションがある程度出来るならば
地頭が良いタイプの人間を味方につける、部下にする、配偶者にする事が出来る
いくらでも対策はできる

683:
>>673
「地頭」というのがなんのことを言っているのか正直良く解らないが
通常、知的能力が低い人は社会不適応になりやすくて、
そんなに地頭の良い人と仲良くなることができないだろう

もう1つは人間は通常、利益のある人とつきあうってことだ

地頭の良い人が地頭悪い人につきあうメリットは通常ないだろうから
つきあいを断られる可能性が高いと思う

695:
>>683
歴史上の偉大な科学者等であっても調べると様々な欠点が存在する
そういった事柄をカバーしてやればWinWinの関係になり得る

また人間関係は純粋な能力だけでは決定せず、年齢や立場によっても変化する
日本では伝統的に年長者は立場が強いので若い相手を見つければ良いし、君が役職持ちなら平社員を相手にすればよい

人間関係とはあくまで「関係」であって、自分や相手の能力が良ければ良いのではなく、「関係」が良いのであれば良い

10:
朝日新聞や毎日新聞を読んでる人間は、たいていは、戦後民主
主義に洗脳されちゃってるような気がするけどな。

硬めの本をたくさん読むとか、ネットを見るとか(あるいは海外で
生活するとか)しないかぎり、戦後民主主義に洗脳されちゃうん
じゃないかね?

71:
>>10 「新聞の行間から、実際に何が起きているのか読み取れるようになる」

新聞を読むのは、必要な情報を選別分析する能力の事では?
洗脳される人って頭が悪いから、この新聞は知的な人が読んでると勘違い
周囲から知的と思われた為に、この新聞の内容を分析も疑いもなく丸まま妄信する
バカサヨの出来上がり

134:
>>10
昔の人は一種類しか読まないからだろ
今はネットで多種多様なメディアを比較できるから、地頭は育ち安いだろうな

877:
>>134
> 今はネットで多種多様なメディアを比較できる
でもやってる人はほとんどいないだろ

199:
>>10
民主主義自体はOK。ファシズムや共産主義の方が終わってる。

朝日は最初からアジア関係とか歴史関係で
情報伏せてるとか偏ってるとか見抜いて読めばいい。

産経みたいに記事の質が低いだけでなく、
反日土人レベルのデマ記事を堂々と流す売国勢力も朝日以上に問題。

508:
>>10みたいなレスには確かに地頭の悪さを感じる

751:
>>10
お前のような思い込み野郎が一番、地頭がないんだわ。
で、お前はどんな新聞や本を読むんだ?
最近読んだ本を一冊挙げてみな。

12:
3の情報で10を知る、って感じか

349:
>>12
同じ例え使おうと思ったと使われてた
自分これ小3の時思ったわ
10言わないと10分からない奴が馬鹿な奴なんだなぁって
10知ってる状態の人間にその情報を知ってるか否かだけのテストをしても測れないことなんだよな

352:
>>349
思ったら、の誤字

353:
>>349
それってバカな上司が発狂するけどな

357:
>>349
訓練の仕方ではないかな。

言葉言葉にには各々と紐づけられた情報が幾重にも
あって、頭の良い奴(本とか親からの教育とか知識として)その情報が言わなくとも
分っている。
と言う事。

全く知らない新分野では当然3を聴いて10を知るなんて出来ない。
パソコンなんかこういうわけに行かない。

625:
>>12
ソースの先には「一を聞いて十を知る」
って書いてあるぞ。何か知りたければ
ソース全部ちゃんと読まなきゃ。

13:
直感的思考回路から論理的思考回路にいかに若くして変われるかが境い目

350:
>>13
直感的思考回路が衰えていない人の方が強いが

401:
>>13
直感と論理のハイブリッドが必要。
頭の中で仮説と検証の繰り返しを猛スピードで出来るヤツは自頭いい。

17:
幼年期に決まるから完全に運だな
フォンノイマンの幼年期を詳細に分析すれば天才を乱発できるかな

18:
トランプみたいなのは地頭悪いぞ。
ただハートが強い、とにかく強い。
成功するかどうかはそこだと思う。

73:
>>18
大きな成功はそうだろな

176:
>>18
経歴を調べた事あるけど、かなり地頭は良い。
今は老害…駿馬も老いては駄馬に劣る。

187:
>>176
トランプについては投資家(たしかバフェット)が
「会社を3度潰したアホ」と言っていたけどなw

200:
>>187
>「会社を3度潰したアホ」

関連含めたらもっと潰したと思うw
ただ、学生時代からの話を聞くと、美化はされてるだろうが頭は良いと思える話が多かった。

257:
>>187
むしろ3度潰してもまた立ち直ることができる体力とメンタルってすげーだろ
金と人と時間をその都度集めるわけだろ?
やっぱり優秀なんじゃないかな
そういったタイプと一緒に仕事するのはごめんだが

535:
>>187
ケインズも株で破産しかけたらしいからなw

849:
>>187
まあ、何度紙屑にしてもしれっと新しい話を持ってくるからなあw起業家と資本家の役割分担を理解してるからこそ強心臓ともいえる。頭は良いよね。ただ教祖級のカリスマ性はないんだけど

633:
>>18
ただの馬鹿が成功できるわけ無いだろう

20:
でも、頭良過ぎて動けなくなっちゃう人いるよね、あ、それって頭悪いのか

34:
>>20
死刑の電気椅子とか、高校生のころからの呪いだが
むかしのアメリカの実験で異常固定ってあって
ネズミをネットに載せて電気を流したり、流さないをクリ返すと
電気があってもじっとしてる状態になるって洗脳を受けてる

原因を探ってるが、たぶん電池関係だ

56:
>>34
お前変換履歴面白すぎだろ

23:
記憶力。特に興味ないことでも覚えていられるかだと思った。

25:
じゃあ、就職試験で、
日本は欧米に間接支配されていて、在日・アカ・フェミ・おかまがその代理人と言ったら受かるのかな

136:
>>25
とりあえずお前は不採用だな

156:
>>25
なかなか、いいよ、君

26:
【賢い】(かしこい)形容詞 われわれが普通出会うたいがいの賢い者は自分が馬鹿であることがわかる程度だが、われわれがまず出会うことのないさらに賢い者は自分が賢いことが自分でわかる(らしい)。(→注釈)
(「あのんの辞典」より引用)

28:
語彙力が手っ取り早い指標だと思う

30:
大人になったら度胸だよ、度胸ない奴は例え頭良くてもだめだ。
世の中正しい事ばかえりがまかり通る訳じゃないだろ?

151:
>>30
平気で不正を働く上司を前にして、ここに居てはいけないと、思った。

836:
>>30
頭いいやつの意見
度胸は働きながらつく 地頭は仕事してもつかない

36:
同じニュースでも、新聞社を並べて見ると、いろいろ分かるよね
読売は記者会見の浅いところだけをニュースにしてる、とか
朝日は東アジア以外のニュースは意外と取材力がある、とか

まあ、新聞の諜報的価値は、年々下がる一方だけど

39:
「地頭の良い人」


どんなに必死に頑張っても数学の難しい問題が解けない人が地頭が悪いっていうんでしょ
どんなに頑張ってもマラソンが遅い人はいるよね
それと同じ
人間の能力は平等ではない

51:
>>39
でも頑張ることは人から好かれるために必要
結果はダメでも頑張ってる奴を放って置けない女って結構いるしな

42:
頭の良さとかは抽象的思考能力だからね
例えば、移民の話でも、女性の社会進出の話でも、
韓国や台湾の移民庁や女性省の設立などの同時期性を考えて、
あーこれは外圧なのね、と気づく

45:
最初の例は、地頭ではなく欲望の強弱でしなかい。
地頭の良い奴は、高卒で自動車修理工にはならないし、こんな根拠の無いノウハウ本とか無駄な本は読まない。
この文が誰に向けて書かれてるかは明らか、セミナーやノウハウ本に出費するバカ相手に書かれてる。

368:
>>45
地頭のいいヤツ全員が人生における全ての選択を誤らないとか思ってるの?
本当の金持ちは皆性格が良いとか言ってそうだな、お前

54:
そもそも頭のいいコンサルタントって見たこと無い…

まあ「口八丁で顧客は損させて自分はざっくり儲ける」って動機性で
頭がいいって意味ならわかるけど

58:
文句ばっかり言ってるヤツは頭悪そうに見えるな

60:
地頭という曖昧なものを都合よく定義しただけ

68:
>>60
完全に同意。

465:
>>60
同意。
地頭ある人っての読んできて、10年後20年後を調べて欲しい。

64:
地頭の良さは数学でわかる
田中角栄は小学校しか行ってないけど、
官僚が何か言うと、凄いスピードで計算して
コンピューター付きブルドーザーと言われた

67:
>>64
俺は事務仕事で電卓叩くばかりで、それで応対してただけだぞ
でも親父の工場の会計員もあったけど、その電卓までハッキングされて
いまはもう使えないよ

66:
地頭のいい人は容姿や態度にもあらわれる そうでない人はそれなりに

105:
>>66
俺みたいにバカにはバカにされて東大京大東工大などの一流の人には高評価される人もいます。

空手の猛者はケンカの強い人を高確率で見抜くらしいけど、それと同じようなもん。
全国トップクラスの空手選手が警官になってマルボウに回されたそうだが
ヤクザは彼にはヤバさを感じるのか、おとなしく従うらしい

115:
>>105
バカにバカにされるのは何故か分かってる?

133:
>>115
顔がもともとそういう風だから。
さらにバカには評価される必要性はあまりないので外見を改善する努力をあまりしないから
バカ向けのハッタリに頭使うより本質に頭使った方が全体効率が良いと判断しているため

143:
>>133
彼らの攻撃手法は既に解析済み
N+で論破ばっかしてる
すべては物理法則になってる

161:
>>133
同意
外見や体裁だけ取り繕ってる疎外すべき対象って、かなりの高確率でしっかり閾立ててるわ

70:
そもそもざっくり括って「地頭」って概念がカルトじみてるんだよな
地頭の良し悪しと行ってもシチュや適材適所的にそれぞれあるし
個人感覚や利害関係でも変わってくるしな

>「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、
>そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。
で括ってしまってるのを本気でそう思ってるにならば流石に雑すぎて頭が弱いし
故意犯的に記事書いてるのなら「あっそう商売記事なんだね」感しかない

76:
>>70
話ししてたらわかるよ
俗に言う1言えば10わかるタイプは地頭がいいといって差し支えない

78:
頭が良すぎて何もできない(やらない)やついるよな
そういうやつは地頭が悪いっていうんかな

98:
>>78
沢山の情報があるけど、どれをどう使っていいかパニックになってるんだろうね
記憶力だけが異常に高いけど、後は駄目なタイプだろうか?
そう思うとバランスも大切

114:
>>98
ちょっと違うな。

先が見えすぎて今やることの非効率性がアホらしくなって動かない。

まさに俺

80:
ゲームの攻略法とか自分で見つけたり、ゲームがうまい人は地頭がいい

88:
>>80
ルービックキューブ自力でといたけど
動作IQ高いだけで多分ここでいう地頭はよくないな

82:
朝日は科学面と中東アフリカ。東アジアは書かれてることの反対側が正。
日経は経済以外が正(笑)
毎日は不思議に一部が正しい。
読売は政府の意思を曲解せず読む用。
赤旗はごく稀に重大リーク。
産経は軍事以外。

85:
地頭が悪い人は、文章に「理由」を書かない。

なぜなら、
理由は、
なんとなれば、
けだし、

地頭が悪い人の辞書には、理由を示す「接続詞」がない。

文章を書くのは、人に何かを伝えたいからであるはずなのに、理由を書かなければ、
読み手はなぜそのように考えるのか分からないから、内容の半分も伝わらない。

地頭が悪い人は、こんなことも分からずに文章を書く。

93:
俺元コンサルタント。コンサルタントは自頭いい
自頭いいやつを採用したことある
インテリジェンスって横文字でなんとなくまとめるわ
以上
俺すげー言いたいだけ

103:
ホリエモンもこれ言ってた
でもこれは多分両親のIQを受け継ぐものだと思う

104:
俺が思う地頭がよい人ってのは、空気を読める人だと思うよ

106:
地頭の良い人、そうでない人って一緒に仕事するとわかるな

113:
たぶん「よく気がつく人」みたいな感じだろう地頭って
障害でいうと自閉症はよく気が付かないし機敏に動けないが成績はよいし作業テストでも通りやすい
それと真逆なおしゃべりであったり切れたりするタイプは成績が悪くても判断などが即座にできてよく気がつくが多い
前者が日本人、後者が韓国人と思え

154:
>>113
社会人になると気づいてても気づかないふりをするのも重要

117:
地頭いいやつはサラリーマンにならない

119:
>>117

そう、やめて自営業だよ。ま投資でのんびり生活してるんだが

118:
上の人間に上手く媚びて空気読めてコミュ能力が高い人が地頭が良い人。
テレビに出てる芸人が一番頭が良いのでは?
でもこの仮定だと日本全体は沈没していくけど。

121:
>>118
芸人は違う気がするな
キャバクラ嬢みたいな感じじゃないかな

120:
メンサ会員だが発達障害の会員が多い
発達障害の会員の行動の酷さは異常
知的障害かとさえ思う
IQだけでは地頭の良さはいえないと思った

123:
>>120
うん、むしろ「池沼」が口癖の人のが多いんじゃないか

124:
頭のいい悪いなんて
そのうちAIとロボットでどうでもよくなるよw
その時、みんな後悔するぞ
あの人にもあの人にも失礼なことしたってな
思えない奴はただの獣扱い

127:
>>124
そうそう。ロボットなりAI資本の所有者が総取りの世界。20年もすりゃえらい世界になっちまうよ

125:
コンサルタント = 口八丁

128:
>>125
それだよな
ほとんどのコンサル本を読めばわかる
あの特徴的な文章はほぼすべて論破できる

138:
音大を出たからといってヒット曲が書けるとはかぎらない

これだな

149:
>>138
音楽家も稼ぐのは容姿に華があって口が達者で面白い人

177:
>>149
演奏する方は尖った人が多い気がするな

206:
>>177
逆でクラシックのコンクールなんかは高IQ系になるんじゃないだろうか
音楽家でも作曲家系は違う気がする

153:
>>138
作曲科出じゃなければ曲作りもほとんどやらないらしいな。

230:
>>153
そりゃ、過去の天才たちを超える曲なんて書けないって知ってるもの
せいぜい、上手な演奏をがんばるだけだよ

140:
やきうの戦力図みたいなものでバランス的に優れている能力
何かに突出している能力など一概には言えんよ
想像力、創造力、帰納力、記憶力、分析etc
所謂時頭良くたってコンサルに向き不向きがあるたろうに

148:
マジレスしてやると天賦の才

155:
2つの話を聞いて
(1)両方忘れる人
(2)片方は覚える人
(3)両方覚える人
(4)二つの関係や関連について考察を始める人

で、(4)が地頭が良い人。
これを2つではなく、その都度新しく入ってきた情報と今まで蓄積してきた情報を掛け合わせて考えていくから
1を聞いて10を知る事が出来るんだよ。

162:
こいつ仕事できる
と思える同業者に会うのは年に1人か2人だけ

165:
親が頭が良いかどうかで決まる
競走馬は血統で価値が決まる
スポーツ選手を両親に持つ子供はそれになぞらえて「サラブレッド」と形容される
なぜ知能に関してはタブーみたいになってるの?

169:
>>165
単純なIQは低犯罪率と関連するかもしれないが
地頭はむしろ狡猾さ、悪、に結びつくタイプが多いからじゃないか

182:
>>165
努力が何よりも偉くて尊いと考える人が多いからでしょ。
所詮石ころはどんなに磨いた(努力)って綺麗な石ころにしかならない、
ダイヤの原石(以って生まれた才能)を磨くから綺麗なダイヤモンドになるのに。

186:
>>182
原石だと思われた物は磨く時間が多いけど石ころだと思ったものは磨く時間は総じて短い
才能云々はやらない言い訳でしかないからなぁ

173:
賢い奴は大体ゲーマーだったな

175:
>>1の漁師が成功したのって行動力なんじゃ

181:
コンサル自体、頭が良くて心が悪くないとできない仕事だからな

185:
遺伝で全てが決まるなら、皇帝や王族が支配する国々が歴史から消えてないわw
遺伝よりは環境の影響が大きいだろ。

>>181
心が悪いというよりは、効率よく他人を踏みつけて栄達する人と言った方がいいのでは?

203:
動作性IQ>言語性IQ>100
動作性IQ>100>言語性IQ
言語性IQ>動作性IQ>100
言語性IQ>100>動作性IQ
100>動作性IQ>言語性IQ
100>言語性IQ>動作性IQ

上から優秀だなと感じる順

457:
>>203←ここまでは地頭が悪いやつ

208:
何をもって人生の成功とするかによるな。

アインシュタインは特定分野の地頭の良さは神レベルだが、
日本のコンビニみたいに色々覚えて、客対応して、テキパキやる仕事やらされたら
一日で追い出されるだろう。稼げない。

地頭が悪くても環境によっては稼げるだろう。
ビジネスのコンサルで成功したいって夢を持つなら
それの分野の能力必要になるだろうが、人の志望は千差万別

217:
麻雀の強い人とか

222:
鳩山由紀夫みたいなのは頭は良いけど地頭は悪い人?

224:
出世する人=地頭が良い

ここから疑問符なんだが?

242:
>>224
今社会的地位の高い人が自分は元から優秀だったから今の地位にいると言っているだけな気が

226:
アメリカで、日系人でマシオカとか高IQのが居るけど
それって電子機器で脳が焼かれて、脳がほとんど塩水になった状態で
実際の脳なんて無い、それを頭が良いとか言ってる
みんな狂ってる感じ

それも大塩佳織の件ふくめてなんだろけど

229:
頭の良さよりも、性格ですね。
頭よくても性格が災いして頭を生かしきれないと意味がないし。
逆に頭が悪くても人に取り入るのが上手いとか、ずば抜けた社交性で上にに行けたりしますしね。

234:
>>229
そうだな
うちの会社にもいたけど一流大学を主席で卒業して頭の回転も早く地頭が良い人がいたけど
人間性というか人柄に問題があって、取引先と何度かトラブルを起こして退社した
性格も大事だな

287:
>>234
へぇ~そんな方がおられるんだ…。
才能(経歴)がもったいないていえば、もったいないんだろうけど…。

264:
>>229
最終的にはそこに行き着く気がする
性格というか人格に

275:
>>264
性格や人格も経験値だからなぁ
置かれた環境で変わってくものだし
地頭いいなら必要に迫られれば性格も変えざるを得ないのは理解できるんじゃ

289:
>>286
(*´ω`)
お前は頭が凄~く悪いな

善悪の判断を決めるのは頭のいい側だろう

295:
>>289
善悪の判断を決めるのは頭のいい側である

というより民衆の多数を巻き込んだ側じゃないかな
しかし潜在的な長期的な倫理観というものもあって
そっちが人間の本質に近いか

241:
地頭をみる方法は簡単。作文をさせてみればいい。
それも時間をタイトにして。

短い時間で文章がささっと書ける奴は地頭がいい。
これでだいたい外さない。

247:
>>241
政治家だとリー・クアンユーが最も苦手とし、
ヒトラーが最も得意とした分野だと思う。

260:
>>241
天才数学者にそういうのが非常に苦手な人が居たけどな
おそらくアインシュタインや湯川秀樹も落ちる

だから理数の才能ある人を見つけるには時間制約を緩くして
難問を解かせるのが良いと考えられている

246:
>>1
詰め込み過ぎか?詰め込む大人としての成熟した余裕があるか?どうかの違いじゃね?

ようは人生経験・社会経験が伴って、知恵として活用出来るのでは?

・「人間、社会に出たら、そうそう能力の差なんて変わらない」
・「所詮人間1人が考えられる範囲はたかがしれている」
という言葉もある。

大事な事は、ズルさを悪用しない心や社会の仕組みを教育には作って欲しいのだけれど、教育や社会が、学校出てから地獄に陥った経験が少ないからそこに気付かない。
というか現実を見るのが怖くて目を背けている大人が多過ぎ。

248:
オシント(OSINT・公開情報からの情報収集)の才能が
コンサルタントという職種に必要な要素というのはなんとなるわかる
相手の空気(問題点の本質)を理解する必要があるのだろう

ただ
自分の内面と向き合う職人的な仕事もあるし
社内の派閥闘争と出世争いのゲームのみかまけている社員のみが
地頭が良いと出生していくらならば
その会社には未来がないような気もするが……

249:
皆それぞれ自分の得意な頭の使い方があるんだと思うけどね。

例えば音楽と数学では頭の使い方がまったく違う。
それぞれの分野で才能のある人がいて
多くの分野で才能のある人ってのは滅多にいないわけだし。

結局、自分の得意な土俵で戦えているかどうかの違いじゃないかな。
上手くいっていない人は土俵を間違えている可能性もあるのかもしれない。

268:
なぜ「地頭が良い」とかいうんだろうか
「サイコパス」とか書く人はいない
でもサイコパスってのが字頭がいい典型のはず

269:
一般人が情報と思ってない所から多くの情報を読み取るというと
メンタリストDAIGOとかすごいよな

274:
情報の背後を読み真の意味を捉える
1つの情報を他の情報と結びつける
人よりも多くの物事に興味を感じる
人が同じと考えている物事の中に違いを見出す
人が当然と考えていること、真実と思っていることを疑う
人が関連性を見出さない物事に法則性を見出す
自分の経験から法則性を見出す
考えても無駄と思われることを考える
物事の中に自分のとっての意味を見出す
話すことと書くことがバランス良くできる
図解などで物事を抽象化することが得意
数字へのアレルギーがない
情報を楽しむ

こんな感じかなぁ

292:
>>274
多分それのほとんどは今のごく一部に知れ渡ってる地頭にはかぶらない

310:
>>292
そう言われるとそうかもな
ただ脳にインプットされた情報を多様なアルゴリズムで検証して実用的な答えを出すのが地頭的能力なのかなと。
情報解析のアルゴリズムがそもそも全く違うのが天才だと思う

319:
>>310
それは有能な人物
コンサル屋がいってる地頭ってどうも有能とも別の概念っぽいんだよ
こいつらの入ってる事を見る限りアインシュタインを初めとした科学者は地頭が悪く
島田伸介みたいな胡散臭いのが地頭がいいって話になりそう

282:
>>1地頭の良い人ってなにw

知恵のある人だろ?w
もしくはキレ者。

288:
>>282
(*´ω`)
知恵とは何か?

290:
>>288
知識を活用する力
もしきは知識を素直に仕入れたり借りたりできる能力。
さらに知識の限界も把握する力。

297:
>>290
(*´ω`)
集団で頭の言い人物は恐らく王になれる資質のある人だ
君の言う知恵だけで果たしてそれが可能だと

プラトンやアリステレスなどは言っているであろうか
君はどうやら王様では無いようだな、君の定義では知恵がない

302:
(*´ω`)
>>290はでも良い事を言った
王様ではないが優れた人である事は認めよう
君の言う知恵がある物は何かそれはプラトンに譲ろう

まあまずはプラトンの国家でも読んで知識を身につけるのだな
そういう事がまず思いつくのが馬鹿でない証拠

285:
判断力があり、即決できる人

322:
AIの方が自頭いいから諦めろ

323:
お前らの会社見回してどうだ?
人事はちゃんと見抜いて採用できてるか?

さて、どっちかな(笑)

332:
地頭っていう表現が曖昧でダメだよね。
先天性のことならIQとか記憶力とか、この人のイメージするものとは間逆の方向になりそうだし、
後天的なものなら、社会人になってから訓練すればいいじゃんという話になってしまう。

でも何となくは分かる。この人の言いたいこと。
同じ学歴でも、馬鹿真面目で不器用で効率悪い奴もいれば、最短距離・最短時間で答えにたどり着く奴もいる。
>>1にあるように、少ない情報から多くを読み取る能力もそうかもしれない。
それらは幼少期、少年期、青年期、どこで凡人と差が付いてるか誰も分からないし、遺伝や性格も関与してるかもしれない。
論理思考なんかのスキルを取っ払っても存在する差であり、社会人になってからではどうにもならない差。
そういうものを地頭と呼びたいんじゃないかと。

339:
>>332
説明するためにそういう学歴みたいな対立構造持ち出してくるのが流行らせたやつの言いたい地頭なんだろうな
でも知識や学歴もある頭良い人、器用で効率良いやつもいるよな
てか頭良いが鈍臭いなんて根拠もなんもないただの印象
結局下町だけど実はスゴイんデスアピールと同じじゃねーのかって

365:
学校の勉強には全く興味がなく、実際成績は良くなかった。
という枕言葉がついた上で優秀な結果を出すやつということかなあ。

383:
>>365
世間の「地頭が良い」の認識はそれ
ということはうだうだ持論持ち出してもそれなんだよな
地頭が良いと思われたかったら中卒や高卒で弁護士や会計士的なの目指せばいいよ

373:
ずばり、本を読む習慣だろうな
バカは、驚くほど読書嫌い(但し、マンガは別)

374:
>>373
俺って、本読むの嫌いだから、バカだったんだ…^^;
(当然…^^;)

376:
>>373
「耐性」ってやつだよ
本もそうだけど、本を読めるようになるまでに「字」を読めなきゃいけないし
次に書いてある「人の意見」も理解できないといけない
そういったものをことごとく拒絶する脳ミソというものもある

378:
>>376
でも地頭って概念はそういった努力的な事を一切否定する概念か
そういう風にもっていこうとしてるよね?

384:
>>378
ああ、常識やロジックがきちんと理解できるうえで
かつ、野性的な、動的な思考回路を持ち合わせているものってことなのかな
でもそういう欲しがりすぎと言うか、さらに条件をつきつけるのって楽しくないよね
世の中、賢いからってそれに応じた地位や収入があるわけでもないのに

382:
>>373
そう言う地道な作業無しに有能な人間がいる、と言うことを共感したいがための単語やね>>地頭

だから、この単語を口にする心理のなかには、努力とか勤勉とかを認めたくないという部分がある。

385:
生まれ持ったものじゃね

406:
>>385
ね、地頭は遺伝だよね

413:
地頭がいい人

ここで無駄なレスをしてない人wwww

432:
まぐれとかじゃなく10年間投資で運用してみ。自分の地頭がわかる

どの程度世界の事象からリスクを回避する能力とリスクに乗る能力があるか。それが生存率につながる

436:
>>432
投資はほぼ博打じゃんか
シンクタンクレベルでもこうなると思います~としか言えない世界なのに

440:
>>436
例えば麻雀は運が全てと思うかい?
しかも投資は商品によるが0サムでもない。

丁半博打ではないよ。全くのところ

442:
>>440
麻雀はアホでもルール分かる簡単なゲームじゃん
で、雌雄を決するのは運だよ

443:
>>442
S&P500のチャート見て長期投資は運だというアホは多分あんただけ。

地頭以前の問題だな

444:
>>443
いや、麻雀の話したらアホだろ

447:
>>444

この9年ボケーと貯金してるか
投資してるか。

それは運じゃないよ

448:
>>447
おまえビットコイン好きそうだよな

450:
>>448
残念だな。持ってない。興味で口座作った3年前に買っときゃよかったかもね
でもそのリスクには乗れなかったなあ。センスねえわ。そこは。

476:
地頭の良い奴らは皆読書好きだったな

528:
数学の出来る人は地頭が良いと言えるのかな?

530:
>>528
ある記事で読んだんだけど学校の数学力は暗記力で決まるらしい
語学の方がよっぽどIQが要るらしい

536:
>>530
ありがとうございます
先日東大医学部生でクイズ王みたいな人が番組予告に出ていたのだけど、
それを見る限りに於いて、何でも知っている、記憶しているイメージなんだよね
株価チャートから何の動物のDNAかとか正確に当てまくる訳
予めクイズ出題内容の予告が無いとすれば目で見たものは全てスキャンされ保存される構造なのかなと思う
論理的な強さはそれだけだと見えないのだろうけど、論文も沢山スキャンされ保存されれば
何となくそれらに勝るものくらいは書けちゃうんだろうなと思った

540:
>>536
論文はまさに論を問うので
なにかを丸暗記でつなげてもへんなものにしかならないよ

546:
>>540
暗記しながら同時に、この内容は好きだなとか、この内容は違うんじゃないかな、とか
思うんじゃないかな?
で、自分が好きとか信じたい未知の命題がハッキリしてくると、自分が書きたい論文の方向性が確定する
後は実験で裏付けを取って、完成するか否かを突き詰める、とか

548:
>>546
ああ、単なる丸暗記ではなくて
有機的に取り込んで別のものになったり改善されたりするパターンってことか
そういう人も当然いるだろうけど

552:
>>548
うろ覚えだけどその医学部生は司法試験も受かっちゃってた、のかな?
そんな風な話もしてた様な
暗記力があれば出来ちゃうんだろうね、凄いなと思った

556:
>>552
いちおう記憶力だけではないと思うんだけどね
過去問と同じ問題が出ないと白紙解答になるわけじゃないし

601:
>>536
単なる情報量の蓄積ならHDDの方が遥かに優秀

地頭の良さとは、物事の理解力・吸収力=脳の幼児性
幼児は情報ゼロの状態で生まれるが、成人を凌ぐスピードで情報を吸収・理解し成長する。
凡庸な成人がいきなり異星人の星に拉致されても数年で馴染む事は無い。
脳がある種の発達障害を起こしていると幼児のように物事を学べる状態が継続し、常時新たな概念や物事や語学を吸収し続けられる人物になる。

614:
>>601
社会主義国の新聞には独特な言い回しが存在してると聞いてる
それを知ってれば、どのような事を指導部が広めたいのか読める
それは知識としては立派だが、それだけでは必ずしも地頭が良いとは言えないのではないのか?
私はそう思うね
行間の癖は読み込んでればある程度理解できる
その先に何を閃くのかが問題なんだと思う

616:
>>530
算数は計算力、数学は論理力っていうけど、
語学は記憶力や理解力や応用力や表現の妥当性など、その他様々な要素が絡んでくるよね…。

621:
>>616
人類の殆どは母国語は話せるが、高等数学を理解できるのは一部
語学は幅広い能力が必要だが、各能力値は必ずしも高い必要はない。バイリンガルやトライリンガル、それ以上を目指すならまた別だが。
数学は必要な能力の種類は少ないが、各能力値が高くないといけない。

626:
>>621
へぇ~そうなんだ…。
高校の数学って、計算が大変な問題は少なかったけど、統計学の式なんて全く理解出来ずに丸暗記でしたね… 私…^^;。

628:
>>626
いや、高校の数学なんて偏差値50もあれば理解はできるよ
高等数学って言ってるから専門的なことを言ってんじゃないのかな

584:
でも、ソ連の機関紙をチェックして、行間で実際に起こってることが分かるってのは
地頭が良いからじゃなくて、独特な書き方から推測してるだけなんじゃないかって思うけどね
言い回しとかが独特だから、それを知ってるから情報が拾える訳で
地頭の良し悪しでは無いような気がするがね

601:
>>584
物事のメカニズム、構造、仕組み、法則を見抜ける能力の有無。
断片的な情報からその裏にある構造をシミュレーション、構築できる。さらには想定した構造の一部を改変して状態を変化させられる。
これは推測の一種であり一歩間違えると妄想になり得る。
こういった能力は五感、特に視力や聴力が弱いと発達し易い。

635:
>>584
ソ連の新聞を必死に読み続けてると
見えないルールや法則が、見えてくるんだろうな

確かにこれは地頭ではないわな

587:
>>1
上手くやれる会社の社長はコンサルティングを使う側(使わないも含めて)です。

596:
サービス残業させる会社が無くなると、
社会全体の地頭は良くなるんだと思う

606:
>>596
サービス残業、その根源が履歴書による無言の脅迫によるものだからね
履歴書を汚したくない一心でサビ残する訳で
ソコに着眼が行かない限りはムリだと思う
根本的に日本社会は無言の脅迫下に置かれてるからね
日本人が真面目に働くって言うのは民族性ではなく
履歴書に基づいたシステムのせいだからね

637:
マジレスすると「本質的な違い」など存在しない。
連続的な差異でしかない

それなのになんでこのスレが伸びるのかというと、
自分で頭がいいと思っている人たちは、自分は他の連中とは「本質的な」差異があると思い込みたがり、
自分が頭いい(らしい)人たちに
抑圧されていると思い込んでいる人たちは、「あの連中はペーパーテストの点数がよかっただけで、本質的な頭の良さは別」と思い込みたがっているから。
なお俺は平均よりかなり頭の良い方だと思っているが、世の中にはつーか職場には俺より頭の良い人たちが腐るほどいる。
頭の良さなど所詮相対的なものであり、「本質」などどこにも存在しない。

642:
・カンが良い
・呑み込みが早い
・コミュニケーション能力が高い

学歴厨や偏差値バカにはこういうところが全く無い笑
いい年こいて入試と偏差値の話しかできない笑

660:
>>642
・鈍感
・物覚えが悪い
・口下手
大成する人はこんなタイプだよ。

感が良い、小器用、話上手(=聞き上手)、、、この手の輩は意外と出世しない「良い人」で終わっちゃうんだよw

666:
>>660
不器用な人がかじりついて読むような自己啓発本には

そういうことがよく書いてあるからな笑

勝ち負けや浮き沈みなんて所詮運でしかないのにな笑

670:
>>666
ですね…^^;。

667:
>>660
間違ってはいないが語弊もあるな
特定能力に特化したタイプは状況次第で大成もするが、状況次第では立ち直り困難なレベルの落伍もあり得る。

後者のタイプは大成はまず無理だが、脱落もせず平穏な人生を送る事も出来、最も楽で幸福なタイプ。

674:
頭の良い優秀な人が日本を良くしないのは、なんでなんだ?
頭の悪い無能な人が日本を良くするしかないのか?

678:
>>674
環境上、能力を全く発揮できないから
場合によっては落伍しきって社会のお荷物になっているかも
そして君らはそういった人物たちを関連スレでさっさと殺処分しろと連投しているかも

698:
地頭の良い人は話が早い
結果おkのビジョンの構築が早い
取捨選択が凄い

722:
>>698
マッキンゼーとかゴールドマンサックスの人間は
だいたいこんな感じだな。
でも大成するのはその一部。
頭の良さってなんだろうな。面白い。

732:
コンピューターは計算解析はできても
喋ったり空気読んだりギャグ面白く言ったり
できるのは高度なコンピューターで
最近の進化したものだろ
つまりコミュニケーションは高度な能力
なんだよと思うが

736:
>>732
ますますコミュ力至上主義に拍車がかかりそうだな。
日本は芸人と水商売の国になるんかな。

740:
>>736
極端な発想だな
地頭の話だろに
そんな危機感持たんでもよか
地頭が全てを制するとか
言ってないし

737:
>>732
コミュニケーションの種類にもよるな
原始的な物を含めれば細胞間や単細胞生物同士でもコミュニケーションは行っている
LANのルーターとPC間だって接続を確立する為にルーチンに沿ったコミュニケーションはある
こういうコミュニケーションは必ずしも高度とは言えない

人間同士でも、同国や同地域出身者同士ではうまくいっても外国人とのコミュニケーションは上手くいかないとか、
知能指数が違う相手とはうまくいかないとか、幼児や障害者とうまくいかない場合はコミュニケーション能力が高いとは言えない訳だ
更にはPCやスマホ等の融通の利かない相手とのコミュニケーション能力もある
世間でいうリア充は必ずしもコミュニケーション能力が高い訳ではないし、世間でいうコミュ力の低い人物は必ずしもコミュニケーション能力が低いとは言えない。
同種同地域出身同程度の能力の持ち主とだけコミュニケーションが取れても、必ずしも高度ではない

779:
はっきり言って馬鹿には勝てんよ
何とかは良貨を駆逐するとか言うだろ
馬鹿の方が自信家だし強気だしね

812:
>>779
しかし、それを気にする(気にせざるえない)側も同レベルで馬鹿なんですよ(;^_^A・・・
そういう場にいる時点で、ということです。

なぜその人があなたの傍にいるかといえば、あなたがその人に依存する要素、事情があるからです。
人が集まる力学には何らかの「依存関係」が背景にあるということです。

依存しておいて馬鹿呼ばわりはそりゃないと思いますよ(;^_^A

793:
生まれつき寝たきりで手足動かせなくても、
先進国の一定の地域に生まれれば何十年でも生存できる。

逆に抜群の頭脳と高い身体能力があっても
途上国の特定の地域に生まれたら五歳にもならないうちに
あの世行きや奴隷に売られてボロくずのように終わる。

この場合は寝たきりでまったく変わらない・努力しない人間の方が生存競争の
勝者として勝ち残れるわけ。

動物の世界の一部を取り出して競争だの言っても
人間社会にはそのまま適用できないんだよ。
動物並の世界をわざわざ仮定するのが生存競争がどうのこうの言いたがる連中だな

794:
画家の岡本太郎が有名幼稚園の試験を受けた際のエピソード。
園長先生に呼ばれて先生の膝の上に座るよう促され耳元でかすかに鳴る
鈴の音を聞かされた。「坊や聞こえるか」「うん聞こえる!」「はい合格」
人の能力差は微細な変化に気付くか否かの差にあるってわけだ。

796:
元記事の医者のくだりがすごくこじつけ感があって、インテリジェンスを感じない文章になってたな。
ガキが嘘ついてるってわかるのに地頭がよければ...と言っても、こういうのこそ経験や後天的に学んだことがなければ、よほどのことが無い限り気づかないわ。
少なくとも最低限の経験は必須で、その経験や派生して類推できる応用力を身につけなければ地頭なんて到底つかない。
で、その地頭が育つにはといったところがすごくぼかされていて、だからなに?って程度の文章にまとまってしまってる。

798:
>>796
基本的には、ある種の遺伝的変異が必要。
だが、そのある種の遺伝的変異があれば必ずしも社会で活躍できるわけではなく、むしろ平均以下になるケースが遥かに多い。
様々な偶然が重なって奇跡的に平均以上の能力で活躍できる人が持てはやされているだけで、基本的にはその種の遺伝的変異はリスクがかなり大きい。
だから羨ましがったりする必要はないし、生体の遺伝子を変える事も、成長後に成長過程を変える事も出来ないので気にするだけ無駄。

807:
>>798
まあ遺伝的なものはあるのは理解できる。
特に学生の時は差が大きいし天才的なやつは一握りだがいる。

そういう意味では、記事内にあったタモリは良い例証の一つだな。
本人の特異な観察眼と言葉に対する感受性高さは天性の才能だし、ジャズとお笑い好きが功をそうして演奏家の山下に見出され、
赤塚不二夫との出会いがあったからな。類まれな機会を掴み、言語とジャズの素養から即興の密室芸を編み出した。
あと高い教養から知性のある芸ができるのもこの人の特徴だわな。イグアナとか超くだらないものあるけどw
それでも、一歩間違えれば福岡の江頭2:50程度でくすぶってたかもしれないので、この手の人でも非常に運が良くないと平均以下で終わってたかもしれんね。

825:
日本人は無能な働き者が大好きだからな

831:
型にはめる教育は実は歴史が浅く、敗戦・占領後から。
戦前、明治・大正それ以前は自分の頭で考える教育が行われていた。寺子屋なんかもそうで、評判が悪いと人が来ないし競争があった。
茶道や華道は当時のパンクロックみたいなもので当時は相当派手でそれ以前の伝統を無視した芸術、歌舞伎みたいなもん
歌舞伎も語源は「傾き」、変な物くらいの意味。

833:
>>831
〇〇道として認知されると、その後は家元の利権維持装置とも化してしまうから、
組織の階層化と教義の固定化が至上命題になってしまうのかなと邪推した
入試も入試利権とも言うべき構図が有るだろ?
ちなみに北海道じゃないよ

835:
>>833
そもそも「高偏差値・高学歴じゃないと就職できない、或いは高収入が得られない」という認識自体、
リクルート、学習塾、私立学校あたりが構築したまやかしではないかな。

単なる詰込みと思考停止の現在の教育(これ自体はGHQの影響が大きい)は余り実社会で役に立たないし、
高偏差値は自閉気味で実社会であまり役に立たない人物でも達成出来るし、
高学歴は金で買えるし当然能力とは必ずしも比例しない。それこそ「地頭」とは相関が余り無い。

そして「高偏差値・高学歴じゃないと就職できない、或いは高収入が得られない」という認識を広げる事で儲けているのは
学習塾・私立学校・リクルート。

実際のところ、低学歴でもコネ(能力の保証者)さえあって尚且つリクルートの影響が余り無ければ待遇の良い会社に入れる。

838:
日本人は視野を狭くする競争をしているんだね、
ハーメルンの笛吹き男に従って川に飛び込んでしまう鼠の群れに喩えることもできる

852:
>>838
実際狭くて済むほうが楽だからね

853:
>>852
そこが問題でね
311原発被災で日本における利権の中の利権と言われた原発政策に重大な齟齬を生じたし、
太平洋戦争の無茶な展開とその顛末を未然に避けることが出来なかった
政治家は今以て失敗責任を負うことを認めていない

854:
>>853
太平洋戦争は、大政奉還・明治維新の混乱が元だよ
明治以降は素人政治家を素人が人気投票で決定(これは今も余り変わらない)という具合だから政治的に大混乱に陥り、結果が開戦と敗戦。

体制としては300年続いた江戸時代の方が遥かに安定していたのは間違いない。
ただ江戸末期には米に詐欺で国内の金をゴッソリ持っていかれたりと幕府の政治能力も低下していたけどね。
民主主義続けるなら教育から直さないといけないし、でなければIQ150以上の候補から天皇が首相を選抜みたいな江戸以前の国体にするしかないな。

855:
>>854
今まさに朝鮮半島を着火点とする第三次世界大戦が企図されているかに視えるが、
日本国総理大臣の資質及び政治全体の責任感の欠如には重大な懸念を払拭出来ない
貧困な教育を継続拡大させた失敗は悲惨な戦禍に現れないと誰が断言出来るのか?

859:
>>855
争いというのは宣戦布告やその後の命のやり取り以前から始まっていて、常時国外とは争い続けている。
今現在あまり分が良いとは言えない状態で、今現在既に国民の生活にも影響が出ているだろう。
ここ最近は正規軍同士の戦闘も少ないし、核や核並みの攻撃力の非核兵器も普及したしどういう形になるかは想像できないな。
戦中もそうだが、より重大なのは戦後どういう情勢になるかで、
地政学上半島は日本侵攻の前線基地になり得るので何らかの形で抑える必要があって、それが出来なければ戦中よりも悲惨になるだろうね。

841:
その勝ち組が大企業などに行ってるわけで
あーだこーだ考えてるようじゃ受験エリートにはなれず
仮に猛烈な努力をしてエリートコースに乗っても
遅かれ早かれドロップアウトする(させられる)

そういった表舞台には地頭がいいやつはあまりいないんだよな

844:
>>841
お蔭さまで高学歴・高偏差値を大量に採用した大企業も役所もご覧の有様、頑張って受験したら訪れるはずだった夢の生活も崩壊間近だな
面倒なので詳しくは調べてないが、最近凋落してる大企業はリクルートの影響が特に大きい所だろうと踏んでいる

850:
嘘を見抜ける人。

862:
日本企業が求めてるのは、「深く考えず言われたとおりに働けよ」だから。

864:
>>862
頭いい奴は 忖度してそういうフリができる
というか実は大体の奴がそうしてる おくびにも態度に出さず

875:
皆が来年の日本、再来年の日本がどうなっているか予測を立てて、
それに従って各自が合理的な生き方考え方を選択すれば良いと思うんだ
スポンサーリンク